プロフィール

有明。

Author:有明。
見たアニメの感想などを適当に書き散らす雑記。

●参加サイト。
trillionbird

●推しCD。
Shiny+
寿美菜子
B003TIB068

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
夏といえば、すいか。
B0000TXORWすいか DVD-BOX (4枚組)
木皿泉 小林聡美 ともさかりえ
バップ 2003-12-21

by G-Tools


ついにきた。
待ちに待った「すいか」の再放送。三年待った。三年も経った。

本放送当時は録画に失敗した挙句、数回分見忘れ……。
DVD買うにも高いし……、とずっと再放送を望んでいたのですが。

やっと! ようやく! 再放送が!!

今度こそ、全部見るのだ!

で、このEDに流れていた大塚愛のデビュー曲「桃ノ花ビラ」も大好きでした。この頃の大塚愛は好きでした。今は普通です。
しかし、DVDの値段も前より下がってますな。また録画失敗したら、考えようかな……。

スポンサーサイト
ドラマ。 | 【2006-06-28(Wed) 16:28:56】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
ムシムシっと。
●「xxxHOLiC」第11話。
第12話を見ている時に、なんか、おかしいなぁ、と思っていたら一話飛ばしてました!
個人的に待ちに待った座敷童登場の回なのですが、バレンタインデーがお中元に変わり、チョコがお萩になったり。

で、声が……。

この中の人は誰……? イメージが違うというか……。新人さん……?
紫陽花の少女をやるくらいなら、ここで能登さんを使えばよかったのに……。
鴉天狗達の声もイメージと違いましたが……。

●「吉永さん家のガーゴイル」第13話。
最終回。
商店街vsデパート。
デパート側の扱いが微妙でしたけど、双葉パパとママの思い出話やら、もう出ないと思っていた松来さんやら、大活躍のデュラハンやらと楽しい内容でした。
それにしても、菊一文字は可愛いなぁ。我が家にも黒猫いますけど、交換してもらえないですかね。
最後の最後になってマトモな言葉を喋るママさんというのも中々良かったです。
続編あったらいいのになぁ。でも、自分が続編を望むものはことごとくスルーされるジンクスが……。

アニメ。 | 【2006-06-28(Wed) 16:07:06】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
やっぱり暑い。
●「ストロベリー・パニック」13話。
今回はスピカメインの話。
天音とデートに出かけようとする光莉。一緒にいちご舎から出たらいいものを待ち合わせを駅前にしたものだから、ガチレズコンビの罠に嵌ります。
光莉を部屋へ引きずり込み、「話があるんだ」という誘いをしたガチレズの狐顔。その話がこれ。

「例えば地球温暖化だ」

噴いた。
狐が突然本気でCO2について熱く語り始めました。そこから変な暗示開始。こんなものを真面目に聞いてる光莉が悪い。襲われて当然。
襲っているシーンも、ようやく我に返った光莉に離せと言われた返しが昼なのに「月がとっても綺麗だから」と。頭おかしいと思います。
一方その頃、狸顔がわりと真面目にエトワール候補としての立ち回りを天音に説教していました。
そして、基本的に全くいいところがない天音の代わりに光莉を救ったのは、ヒーロー登場シーンなんかに使われる変な効果音と共に現れた夜々。噴いた。SEおかしいですよ。
全く関係ないですが「々」という文字を出すのに「佐々」って出してました、今まで。「おなじ」で出るってことを最近まで知りませんでした。馬鹿。

結局、約束の時間に遅れながらも無事に会えた光莉と天音は、一車両しかない電車に乗り、海へ。え、どんな田舎?
そして、雨が降って、洞窟へ避難。エロゲのイベントでよくありますね、これ。しかし、二人の場合は何もなく、お手手繋いで終わり。ガチレズコンビの策略が逆効果に。
ここで、真打登場。
友達として接しようと必死な夜々は、お土産を持って帰ってきた光莉に思わずムラッとしたのか、

ついに、ヤタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

強引にやっちゃいました。
さて、ここで疑問が。されてる最中涙を浮かべている失礼な光莉ですが、何故か背伸びしてます。どういうことですか? これは誘い受け? 松来さんならやりかねませんが。

断然、スピカの話の方が面白い。もうギャグにしか見えませんが。

●「涼宮ハルヒの憂鬱」第12-13話。
文化祭の話と神人の話。
文化祭の話の方は本当に芸が細かい。
キョンが校内をうろついている時に、背景でハルヒがチョロチョロしてました。それに、雨粒も細かい。
あと、バンドのシーンも動きが細かい。ちゃんと演奏の動きが合ってました。歌ってるハルヒの必死さも新鮮。可愛い表情ではないですが。
ところで、全く関係ないですが、サッカーの日本vsブラジル戦を音なしにしてランダムに曲を流していたら、「涼宮ハルヒの詰合」の「God knows...」が流れるたびに点数が入っていったのが妙に笑えました。

それにしても、松岡さんが早口で喋るキャラをやると「極上生徒会」のれいんを髣髴とさせます。

13話の方は12話に比べてかなり地味な話になってましたが、これがよく出来た背景で、古泉くんの話はそこそこにずっと背景の変化を楽しんでました。
神人は「もののけ姫」の乙事主みたいでしたけど。そういや、タクシーのじーさんは孤島の話に出てきた執事ですかね。
しかし、この話、物語の中盤にやっていたら物凄く視聴者が引いていきそう。構成ランダムはやっぱりいい作戦でした。

●「吉永さん家のガーゴイル」第12話。
今回ちょっと作画崩れ気味。
ダンシング植物のオシリスに新しいダンスを習得して欲しいという飼い主ヒッシャム。女王様キャラなオシリスは拒否しますが、ヒッシャムが立ち去ってから新しいダンスの練習を! 

これはいいツンデレですね。

しかし、何者かに氷漬けにされてしまった挙句、姿を消してしまいました。恐らく、最終回で大暴れ予定。
そして、商店街の祭りの日にオープンすると宣言しに来た巨大デパートの支配人に激怒する双葉ママ。その上、支配人の幼馴染であるお人よしなパパはデパートの手伝いを約束してしまい、ママと大喧嘩。
更にはケルプまで何者かに操られて姿を消してしまい、最終回へ。

●「桜蘭高校ホスト部」第12話。
ハニー先輩が虫歯になる話。
今まさに全く同じ位置に虫歯がある自分としては、その気持ちよーく判るッ!! 判るともッ!! 

つか、早く歯医者に行けっつー話ですが。

アニメ。 | 【2006-06-27(Tue) 17:21:34】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
じめじめ。
●「大魔法峠(http://comics.cplaza.ne.jp/anime/index.html」第03-04話。
第一話よりも個人的には面白かったです。
色んな意味でぷにえ酷過ぎる……。姉御がすっかり丸くなっているところもアレですが。
あの能登さんがあんな汚れ役をやるとは……。とは言いつつ、「女子高生」でも十分汚れてましたけども。

あと、関係ないですけど「乙女ちっくTV」が見れません! 

IEの調子が悪くなってるのかな……。
fireboxだと見れるのだけど……。

●「XXXHOLiC」第12話。
避暑地の別荘での怪談話。
前回の次回予告から予想して座敷童が出てくるんじゃないかと思ってたら、全然違うオリジナル話でした。
原作者自ら脚本担当してましたけど、よくある夏の怪談話。
こういう話は真夏に見たいですな。ちょっと時期が早い感じがします。
そして、次回が蟲話。

●「涼宮ハルヒの憂鬱」第11話。
コンピューター研とゲーム勝負する話。
明らかにPC初心者だった長門さんが一日経過するごとにブラインドタッチをマスターしていく様が素晴らしかったです。
あ、今はタッチタイピングって言うんでしたっけ。

それにしても、長門さんは可愛い。
小説一巻を読んだ時は何とも思わなかったんだけどなぁ。

アニメ。 | 【2006-06-24(Sat) 18:29:13】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
暑い。
●「ストロベリー・パニック」第11-12話。
舞台は夏になり、帰省組ではない渚砂、エトワール様、生徒会長がいちご舎に残ってましたけど。
渚砂役の中原さんにまで「あの人、メデューサなんじゃないの?」と言われてしまったエトワール様ですが、ついにというか、やっとというか、遅過ぎるというか、ようやく渚砂の唇を奪いました。

本当に遅い。

1クール使ってやっとこさ、魔眼の力を失うとは……。
そして、もう一人の悲劇の少女。それは、帰省前に鋭い勘で渚砂におまじない(マーキング をしていた玉緒。

しかし、一日も経たずにそのおまじないが解けるというミラクル。

そりゃ、玉緒の中の人、清水さんもご立腹ですよ。まぁ、最初から当て馬的な立場にいるキャラなので仕方がないでしょうけど。
それでも、個人的に同じ当て馬キャラ、夜々の方が可哀想に見えます。初期設定に男嫌いで女好きというのがあったような気がするけど、この設定意味があるのかないのか。大体、このアニメって男出てこないですよ。

で、ベッドに押し倒して渚砂を犯そうとしていたエトワール様は昔の恋人のことを思い出して、自ら石化。それすら気付かず我に返った渚砂はとんずら。

この人達にはどうも感情移入出来ないのですが……。
もうちょっと空気を読もうよ、というか、丁寧に心理描写を描いてくれないものか。

●「夢使い」第10話。
前回の事件の後遺症で引きこもってしまった塔子。
人手不足になってしまった夢使い。ここで、美砂子が出動。
ヲタク青年が会社の倉庫を陣取って巨大な巨乳メイドを飼っていました。が、途中で飽きて放置。
基本的にバックアップ係の美砂子一人では何も出来ず。むしろ、巨乳メイドと仲良くなってしまいます。
そこで、ロリコンの同業者で幼馴染の橘が助けに来ますが、意地を張る美砂子。自分のことを叔母さん呼ばわりする橘のことが許せないようで。

美砂子は29歳より、もっと若く見えますが。

そんなこんなで、悪夢である巨乳メイドが大暴れ開始。橘が無事退治して終了。
この話は美砂子と橘の話でした。塔子はずっと引きこもるつもりでしょうか。

●「桜蘭高校ホスト部」第10-11話。
「涼宮ハルヒ」の京アニも凄いですけど、こちらも全く作画が崩れません。安心して見れます。
10話はハルヒ父登場の回。11話は黒魔術部の猫沢先輩の話。
強力モーターは毎回出してもらいたいくらい好きです。

霧美を助けに窓から飛び出した日光に弱い猫沢先輩の心配をしてたのはいいのですが、あれは何階……?
猫沢先輩のメイドは川上とも子さんだったのか……。エンドロール見るまで気付かなかった……。

●「女子高生 GIRL'S-HIGH」第12話。
最終回。
文化祭の話で最後には入学式になってました。「苺ましまろ」のように、1クールで一年描いたわけですね。
由真桃香姉妹が仲良くなったのはいいことだ。
それにしても、最終回だからって放送コードギリギリを突っ張りすぎです。

アニメ。 | 【2006-06-21(Wed) 18:55:06】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
ヤシガニ。
●「MUSASHI GUN道(http://www.bs-i.co.jp/main/entertainment/show.php?0050」がスゴイ。

http://www.youtube.com/watch?v=wbi3k530K_E
OPからして既に昭和の匂いがプンプンします。

http://www.youtube.com/watch?v=xo7Cp3GsyxQ
「うお! 眩しッ!」、「あの爺さん、落ちながら戦ってる」で爆笑。

モンキー・パンチは何の為に12年間も構想を練ったのだろう……。
ちなみに「gyao(http://www.gyao.jp/anime/」で見れるようです。
あと、「ウィッチブレイド」も放送開始したみたいです。「ソルティレイ」はあと二話かな。


アニメ。 | 【2006-06-18(Sun) 00:51:33】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
さよならセイバー。
●「Fate/stay night」第24話。
最終回。
さすがに絵が綺麗。よくやった、という感じ。
それにしても、マーボー弱いなぁ。もうちょっと何とかならんかったのか。
士郎の独白が文字で出た時には噴出しました。マジで。ぶはっと。

そして、最後に全部能登さんが持っていってしまいましたよーーーーーッ。

まさか、こんなところで出てくるとはー。
あと、セイバーの告白&お眠りシーンはゲームの方が、テンポいいかなーと思いました。

シンジの扱いの悪さはゲーム以上でした。死んでも最後まで存在を無視。桜と凛の2ショットくらいは欲しかった気がしますけど。
ゲームだとセイバー編の桜は殆ど無関係、というか、存在が消えてますけど、このアニメだとどこまで知ってたのだろう。ライダーが死んだ時すら関わってないし……。思わせぶりな描写してたから、ライダーが死んでないと期待してしまった自分が哀しい……。
EDロールでスタッフ、キャストをごちゃ混ぜにした50音順というのは、ちょっとビックリしましたけど。

個人的にこのアニメのよかったところは、セイバーの声が川澄さんだったというところでした。
他のキャストはいまだにピンと来ません。

で、凛編はまだですか?

●「xxxHOLiC」第10話。
百物語の話に。
原作だと、一巻くらいの話だったような……。
いまだかつてないほど、ひまわりちゃんが喋ってましたけど。伊藤静さん、出番が多くてよかったですね。

次回はついに座敷童が出るのかな。出るといいな。
バレンタインのイベントさえなければ出せる娘ではあるし。でも、ホワイトデーもそれなりに関係してるからなぁ、あれ。

●「ひぐらしのなく頃に」第11話。
圭一が加害者になることを決心するまでの過程が短ッ。
手袋もつけずに、素手でやらかしてましたけど。

死体を埋める穴が浅ッ。

あそこまで浅いと思わなかった。本当に頭いいのかな、圭一って。
それにしても、少年犯罪が増えている昨今、こんな話をアニメでやってよかったのだろうか。
虐待されてる人間を救う難しさみたいなものが目立っていた話だったような気がするのだけど、……あれれ?

●「吉永さん家のガーゴイル」第11話。
イヨの店にあった怪しい毛糸で人形を作ってしまった和己の後輩の話。
この後輩可愛いなー。というか、和己のどこに惚れているのだろう……。
告白を途中で止めてしまったあたりがイマイチよく判らなかったのだけど、クリスマスに一緒にいられただけで満足してしまったのだろうか。

アニメ。 | 【2006-06-17(Sat) 21:49:34】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
うーん。
●「トップをねらえ!(http://www.top2.jp/topics.html」が映画化ですってよ。
はへー。
「エヴァ」の時にも思ったのだけど、編集ものを見て楽しいのだろうか。
普段からよっぽどのことがない限り、映画館へ出向かないので、余計にそう思ってしまうのですが。
最後に見に行った映画は「ケイゾク」かなー……。我ながら古い……。

アニメ。 | 【2006-06-14(Wed) 23:05:58】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
リアルタイムに追いつけない。
●「涼宮ハルヒの憂鬱」第10話。
OPカット版。話が珍しくシリアスだから?
で、本編はさよなら朝倉さん、こんにちは大きなみくる、大活躍長門さん、という感じ。
戦闘シーンでもよく動くなぁ。京アニはやっぱり凄いなぁ。長門さんは凄い人だなぁ。

●「Fate/stay night」第23話。
さよなら凛、こんにちはマーボー。
あ、アニメでは神父がマーボー豆腐食べるシーンは出てきてなかったか。
ゲームをやってる時、凛のあのシーンは度肝抜かれたなぁ。全然予想してなかったので。あと、凛萌えだったので。
で、意外とペラペラ喋っていたのでビックリ。ゲームだとクリック連打で直ぐ場面変わりますからなー。
それにしても、本当に出てこない桜。セイバールートだと本当にサブキャラ扱いだなぁ、というのがアニメを見ていて改めて思いました。
ゲームやる前にメインヒロインだと勘違いしていたのが懐かしい。
次回で最終回。作画が神だったらスタッフを見直します。

●「女子高生 GIRL'S-HIGH」第11話。
今回の冒頭の小ネタは「ときメモ」。
絵がちゃんと「ときメモ」風になっているのが笑える。あと、選択肢に何故か松尾が入ってたのも。
本編は、絵里子が初恋の人が来るであろう同窓会に向けて、綺麗になろうとする内容。
しかし、このアニメ、毛の話大好きですね。
女子高生の話題といえば、無駄毛処理はかかせないのだろうけど。
そして、由真の妹、美少女桃香の手を借りることに。少し毒が減りました。
最後のオチは誰もが予想出来たものでしたが、香田のフラフープには笑いました。

●「ひぐらしのなく頃に」第10話。
圭一がサトコに吹っ飛ばされるシーンで笑った。飛び過ぎ。しかも、二度も。
知恵先生がやっと喋ったと思ったら吐息だけ。しょんぼり。
というか、先生がカレーヲタクというのは祟殺し編あたりで出てなかったっけ。

アニメ。 | 【2006-06-14(Wed) 05:44:11】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
エロゲ原作アニメって。
●「おとぼく」のキャスト(http://www.starchild.co.jp/special/otome/staff.html

Aice5フルメンバー。
スタチャが関わっているのならOP、EDも歌いそうです。
結構、声優が豪華な気がしますが、原作ファンには不評なキャスティングのようで。
「つよきす」と言い、キャスト変更ってエロゲ原作では避けて通れない道なのですね。
まぁ、何にせよ、浅野さんに仕事が入ってよかったです。

あと、ダメーポと呼ばれる「D.C.S.S」のスタッフが作るというのも問題だそうで。自分は見てないので何とも言えませんが。

ちなみに、積みゲー状態で原作はやってないのだけど、吉住渉の「ミントなぼくら」と何が違うのだろう。設定的には一緒のように見えるけど。
それにしても、こういう作品には必ず松来さんがいて笑えます。

アニメ。 | 【2006-06-12(Mon) 08:55:12】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
はにほ。
●後藤邑子さんを応援しよう。
http://homepage3.nifty.com/gotu_web/

絵が上手いなぁ、とただただ感心。
漫画の間をよく知ってるらっしゃる。何となく、マーガレット系。

http://www.youtube.com/watch?v=U6g_tVrD4tk&search=haniho
「何よ」と言ったはずの「はにほ」。
ラジオでご本人が言っていたのは聞いていたのですが、実際の映像を初めてみました。
すげぇ、本当に「はにほ」だ。本人も認めて言ってましたけど、よくこれをOKテイクにしたなぁ。

http://www.youtube.com/watch?v=UyUJ8epZ5rc&search=mantora
そして、トークゲスト。
ぎこちない空気が所々漂ってますが、最後に爆弾がありました。
年齢を公表されてませんが、同世代のような気がします。

「涼宮ハルヒ」効果で裏の仕事が減るといいなぁ。いや、減ると勿体無いか。

声優。 | 【2006-06-11(Sun) 01:04:02】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
占い。
●「声優嫁占い(http://u-maker.com/205826.html」をやってみた。
アニメなんて見ない家のものが見つけて参りました。
で、やってみました。

松来さんでした。

よーし。いつでも嫁に来い。щ(゚Д゚щ)カモォォォン
で、この嫁候補の数少なくありませんかね。試しに父の名前入れても松来さんでしたよ。呪いですか。

●「アニマックス」は大事だよね話。
私、アニメなどをケーブルテレビで見ているのですが、嘆かわしいことに近々アニマックスだけが見れなくなるらしいです。何で!
AT-Xはもちろん見れませんし、キッズステーションとカートゥーンとディズニーしか見れません。
その中だと、キッズステーション以外要りませんよ。
更に嘆かわしいことにM-ONまで見れなくなるっぽい。潰れてしまえ。5000円近く払ってる意味が全くありません。潰れてしまえ。

しかし、困ったことにケーブルテレビが潰れてしまうと我が家は困るのです。それは何故かと言うと、電波障害になる建物が数年前に出来てケーブルでしか地上波を見ることしか出来ないからです。
それでケーブルに入ることになったのですが、今にして思うと普通に工事費を払わされたような! お詫びだとか何とかで無料がどうこう言ってたのに!

スカパーの機材も一応あるのはあるのですが、我が家は周りの環境からアンテナが立てられない状態。
屋根に登るのを躊躇っています。周りの建物に比べて屋根低いし!

どうしたものか……。

声優。 | 【2006-06-09(Fri) 04:51:43】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
カメムシ。
●「コヨーテ ラグライムショー(http://www.te-a.jp/coyote/」
第五回、第六回が下屋さん、川瀬さんゲストです。
川瀬さんってどこかで名前見たことあるなぁ、と思ったら「ローゼンメイデン トロイメント」のみっちゃんかー。

下屋さんは相変わらず面白いです。
以前、ゲストで出ていた「峠のラジオ(http://www.te-a.jp/touge/」でもやってましたが、今回も途中で咳き込み、「失礼」と言ってました。 
あと、虫の味が判るとか変な発言してましたけど……。
川瀬さんもかなりの天然っぽいですが、

このラジオ、ボケだらけ!

フリートーク多めの第六回はお薦め。
ツッコミ役不在という恐ろしい状態。一応、生天目さんもツッコミを入れるのですが、この人もかなりの天然ですから……。

それにしても、恐らくたまちさんであろう構成のラジオはやることが一緒です。
「おゆい」のラジオでもやってましたけど、絵を描くコーナーはとてもラジオ向きとは思えない。
あと、口説き文句のコーナーとか「地獄探偵局」でもやってますやんっていう。
これでなぞなぞコーナーが始まったら「かしまし」と被ります。

ラジオ。 | 【2006-06-08(Thu) 04:13:41】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
兆金が欲しい。
●「新トップをねらえ2!(http://www.top2.jp/dvd_6th.html」最終話の情報が出てます。
新キャラが生天目さんーーーーーッ。

ところで、前々回で地味に散っていった伊藤静さんのキャラが今になって懐かしく思えます。というか、散る時以前に、終始地味だった。
このアニメくらいから伊藤さんのキャラは死にやすいという属性がついてきたような。「ソルティレイ」しかり、「ウィッチブレイド」しかり。
そもそも、最終話になって新キャラを出されても、また瞬殺っぽく散りそうな気がしますな。

主人公が姿を消すのは前作と同じ流れですかね。殆ど前作の内容覚えてませんが。

●「PS2版『Fate stay night』限定版にはPSPソフトが同梱!
うわぁぁぁぁぁぁ。
追加シナリオ+PSPソフト、てーーーーーッ。
買う気なかったのに、どうしてくれよう……。そもそも、PSP持ってませんが……。

●「女子高生(http://www.ideaf.co.jp/joshi/kousei.html」のゲームも出ます。
教育実習生もので高評価だったものといえば、「極上生徒会」ですけど。
ああいう感じになっていればいいんですけどね。

●「舞-HiME 修羅(http://circus.nandemo.gr.jp/common/maihime_pc/maihime.html」も出ます。
修羅と言えば、私の中では、さぁ、お逝きなさい。
それはそれとして、こちらの主人公は新任教師。
奈緒ちゃんと碧ちゃんのシナリオが増えただけで自分は大喜び。

ゲーム。 | 【2006-06-08(Thu) 01:09:02】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
及第点。
●「ストロベリー・パニック」第10話。
期末テストの話でした。
高校生でフランス語が必修科目って凄いなぁ。お嬢様学校ってそういうものなのだろうか。
転入生である渚砂は一年生の千代よりも出来ないという状態で何とか赤点を取らないようテスト勉強を始めます。
そして、フランス語が得意なエトワール様に教えてもらうことになるわけですが、

今回の話で何回「及第点」という言葉を吐いたか。

30回くらい出てきたような気がします。どいつもこいつも及第点及第点うるさいです。
で、無事及第点を取れた渚砂はエトワール様にお礼を、ということで、手作りクッキーを持参。途中で転び、クッキー粉砕。そんな気はしてました。
ようやく、エトワール様を見つけてもまた転びます。更にクッキー粉砕。そこまでは予想出来ませんでした。
そして、久しぶりの魔眼発動。やっぱり空気を読まない渚砂。この子、毎度狙ってジラしてるんじゃ。最後に、

エ「フフフこのクッキー一人で作ったの?ククク」
渚「イヒヒ友達と一緒に作ったんですエヘヘ」

笑いながら会話する二人が怖かったです。

●「女子高生 GIRL'S-HIGH」第10話。
綾乃のオカンとねーさん登場。
水商売の女性ってリアルであんな感じです。
綾乃の彼氏、下高谷は本当に綾乃が好きなのか、それともメガネをかけてる女性なら誰でもいいのかを徹底討論。
髪を下ろしてメガネ外したら綾乃って可愛いんだ! ということに今回初めて気付きました。

●「夢使い」第09話。
塔子、飛行機になる。ビックリです。
この世界に希望も絶望も持たない男が呼び起こした悪夢、竜が町中で大暴れ。その竜を消さないと町が消滅する、と。
今回の依頼人は男の同級生。エンドロール見るまで野中藍さんだと判りませんでした。言われてみればなるほど。

夢使いである父を亡くしたことによって、世捨て人になった塔子が、自分と似ていると男は言いますが、塔子は夢使いの人間として悪夢を消そうとします。
んが、男が非協力的なので、塔子一人では竜を倒すことが出来ず、最後には竜が男を殺して終了。

後味悪。

●「xxxHOLiC」第09話。
管狐登場。
第二話であった虚言癖のある女性の話に似たものでした。
今回は自分を演じ分け、数多くの男を騙す女。これが川澄さん。さすがの演じ分け。水島監督は川澄さんをよく使いますね。

そして、最後は全てがバレて自滅。オリジナルシナリオにしても、ちょっとベタ過ぎるかなぁ。
本来なら管狐が出てきた時の話は蟲の話だったような……。あ、その後に座敷童と再会する話になるからか……。

アニメ。 | 【2006-06-07(Wed) 17:20:29】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
大好き大好き大好き大好き大好き。
●「千葉紗子の地獄探偵局(http://lantis-net.com/enma/」

tiarawayヲタ、感涙の内容になってました。「大好き」メールを送った人、GJ。
ちなみに「w~ウィッシュ」のCDのことです。

B0006GAZO4W~ウィッシュ~キャラクターミニアルバム2 つばさ&秋乃
つばさ&秋乃(千葉紗子&南里侑香) 千葉紗子 南里侑香
サイトロン・デジタルコンテンツ 2004-12-22

by G-Tools


ここで、ちょっとしたラジオトーク的なものをしているのですが。そこで、お互いのいいところを時間制限付で言い合うというコーナーがあったわけです。
そこで、南里さんは「大好き」を連呼。時間いっぱい使って連呼。本来ならコーナー潰しというか、やっつけっぽく聞こえそうなものですが、

(*´Д`)ハァハァ

南里さんのことをおかしい子と言いつつ、落ちそうになったという愛情表現が何とも素敵な千葉さん。
南里さん→千葉さん という構図があの頃は目立っていたので、ヲタ狂喜乱舞って感じでした。
二人がやっていたラジオ、「色々ベリー night」はチラホラとしか聞いてませんが、今度ちゃんと聞いてみようと思いました。色んな手を使って。

あと、このCDに収録されている「Without you」という曲も中々良いです。
ドラマパートはゲーム及びアニメのことを知らなかったので、千葉さんがおしとやかなお嬢様、南里さんがツンデレ委員長というところで噴きましたけど。

で、このCD、ナイスジャケットです。
何故なら、こちら↓ をご覧あれ。

B0000V4NDEYour Shade/Usual Place
tiaraway 志倉千代丸 磯江俊道
サイトロン・デジタルコンテンツ 2003-12-21

by G-Tools


こういうシンクロジャケットは見たことなかったので、ある意味衝撃でした。
デザインした人素晴らしいなぁ。

ラジオ。 | 【2006-06-06(Tue) 19:36:12】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
その日暮し生活。
●「Fate/stay night」第22話。
ノコノコと敵の陣地に迷い込む士郎。
この人かなり頭弱いですね。どうもアニメだと彼の思想やら行動やらが痛いというか、呆れてしまうというか。
ゲームの時にさほど感じなかったのは、自分(プレイヤー が士郎と同化してる所為なんでしょうか。アニメだと第三者的な視点になるから冷静に見てしまうのですかね。

そして、セイバーの告白ですが。ゲームだともうちょっと感動的というか、萌えシーンになっていたような気がするのですが、意外とアッサリしてて残念。
鞘の説明がちゃんと入っていたのは良かったです。このアニメの場合、また端折っちゃったか! という流れになる可能性もあったので。

●「吉永さん家のガーゴイル」第10話。
いつの間にか一押しアニメになりつつあります。梨々可愛い。
今回は寂れてきた商店街を盛り上げようという話でした。人情系話も中々良いです。

喋る石像ガーゴイルを商店街のマスコットにしてテレビに売り出そう計画が発動。
というか、元々人通りが少なくなっている状態の商店街にガーゴイルを配置しただけでは意味がないので、怪盗百式の予告状(ガーゴイルの鈴をパクる を餌にテレビ局を集めてしまおう、という梨々のナイスアイデアからそういう流れになったのですが。
しかし、そんな作戦を知らないヒッシャムは百式からガーゴイルを守る為にオシリスを投入。集まったテレビ局の人間に対して、オシリス大暴れ。
出番がなくなりかけていた百式とガーゴイルは相談して、オシリスの触手から想像したのか、にょろにょろ系は百式の弱点というのをテレビで流すことによって、大騒ぎを回避。結果、百式を撃退したように見えるオシリスが商店街のヒーローに。

商店街の人々は昭和の匂いがして何だか懐かしい。
おばーちゃんが繁盛していた頃の商店街を思い出してるシーンだけで涙もろい自分は泣けます。

●「ひぐらしのなく頃に」第09話。
祟殺し編になりました。
この話になるまではサトコがあまり好きではなかったのですが、今回は彼女がメインの話なので、ちょっと見方が変わってきます。
が、この話のラストは……。

そういえば、ようやく監督が出てきましたけど、鬼隠し編で大ボスみたいに圭一が勘違いしていた見せ方はやっぱり凄いなぁ、と思います。ただの野球チームの監督なのに。

アニメ。 | 【2006-06-06(Tue) 16:23:45】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
財布落とした……。
●「ひぐらしのなく頃に」第08話。
綿流し編の最終話。やっぱり、尺が足りていない気が……。
原作を知っていると物凄く物足りなく感じるアニメです、これ。第五話でリカちゃんが自分の首に包丁グサグサやってたシーンの意味があれではサッパリ判りませんでしょうに。
ドラマCDの方が超怖いです。超長いけど。やっぱり、「くけけけけ」とか「ぐげげげげ」とか言わないとなー。
あとは祟殺し編、目明し編、罪滅し編をやるっぽいです。

●「ストロベリー・パニック」第08-09話。
正直、見るのが辛くなってきました。色んな意味で。
だから、流し見してたので、話がよく判ってません。とりあえず、光莉は夜々の気持ちをスルーし過ぎです。かわいそうです。
エトワールと生徒会長の話はちょっと「極上生徒会」を彷彿とさせます。立場というか、性格が逆でしたけど。

●「ラブゲッCHU ~ミラクル声優白書~」第08話。
時代劇役者である天音の父が若本さんでした。この人、本当にどれも一緒に見える……。

●「吉永さん家のガーゴイル」第09話。
風邪を引いて寝込んでしまった怪盗百式の為に、怪盗に憧れていた梨々が活動する話でした。
梨々は本当に可愛いなぁ!
怪盗という職業を非難する双葉との喧嘩がガチ過ぎて面白かったです。あれは殺る気満々だ!

●「桜蘭高校ホスト部」第08-09話。
ハルヒの雷嫌いの話とヅカ部の話。
ヅカ部の男役の人は多分斎賀さんだろうな、と思ってたけど、本当にそうでした。
「ウテナ」を彷彿とさせる影絵A子みたいな動きが楽しゅうございました。
このアニメは演出とかが素敵です。

●「西の善き魔女」第08話。
ホモ、あっという間に死にました。
この設定は本当に必要だったのか、という前回の私の疑問は見事に解決。ルーンにホモ殺しをなすりつける為でした。

●「女子高生 GIRL'S-HIGH」第09話。
香田が不治の病にかかっていると勘違いした絵里子達が心配して色々しちゃう話でした。
が、個人的にこういう話はちょっと苦手です。騙すのではなく、勝手に勘違いしてるだけなのだけど、見ていていい気分にはなれない。

アニメ。 | 【2006-06-03(Sat) 00:15:41】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
ピンク星人。
●「アキハバラ情報局」
http://www.youtube.com/watch?v=O5J6fRXqxyw&search=saeko
http://www.youtube.com/watch?v=CyW2jn_H4sM&search=saeko

千葉さんゲスト二回目です。

携帯の早打ち対決が凄過ぎます。超早ッ。
逆に私は打つのが超遅いので羨ましいです。傍で見てたら誰もがイライラするくらい遅いです。今時の女子高生とかはもっと早いんだろうなぁ。
あの携帯はN701かー。そうかー。いや、別に機変しませんけどね。しませんけどね。

しかし、それよりも気になったのは途中から登場した宮崎さんの衣装です。

衣装ですか、あれ。まさか、私服じゃありませんよね。
この番組、クローバーの番組なのだろうか。今回初めて見たのでよく判らない。


声優。 | 【2006-06-02(Fri) 02:37:58】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
つよきす声優……。
●「つよきす」のキャストが発表されてました。
http://www.tsuyokiss.jp/staffcast.html

あーあーあー……。危惧してた通りの展開に……。

PS2で追加された素奈緒さんは別に猪口さんのままでいいのに! 
プレイしてませんけど!

個人的には乙女さんは伊藤静さんでいってもらいたかったです。青山ゆかりさんと声質が似ているし。
で、姫は生天目さんにして、賢プロ三人姉妹勢揃い! みたいな展開になって欲しかった……。しょんぼり。
あと、フカヒレがベジータじゃないのも納得出来ない。子安さんと若本さんが残ったのはいいけど、土永さんも若本さんじゃないと嫌だーーーーーッ。

で、この並びで行くとメインヒロインは素奈緒さんなんですね。幼女役じゃない水樹さんを見るのはこれが初めてかも。

って、よく見たら主役か!!

姫、なごみ、祈先生あたりのキャストはこれでもいいかなーと思いますが、個人的に金朋さんがどう演技するのか、超気になります。

アニメ製作は「吉永さん家のガーゴイル」を作っているところっぽい。
問題は脚本かな。素奈緒さんが主役っていう時点で、乙女さんとかサブ扱いだし……。

なんつー、チャレンジャーなアニメ化の仕方だ、これ。

原作者のタカヒロ氏が全部脚本担当してくれたら面白くなるかもしれないけど、構成協力程度だしなぁ。
恐らく、「fate」みたいなことになるんだろうなぁ。んがー。

アニメ。 | 【2006-06-01(Thu) 05:33:10】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。