プロフィール

有明。

Author:有明。
見たアニメの感想などを適当に書き散らす雑記。

●参加サイト。
trillionbird

●推しCD。
Shiny+
寿美菜子
B003TIB068

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
ずきゅーん。
●「おとぎ銃士 赤ずきん」第05話。
植物園で写生大会。ずっきゅーん。
草太は話し掛けると花を元気付けられるという変な能力を持っているのですが、何故かてるてる坊主にまで話し掛けてます。危ない子です。
赤ずきんと白雪姫は写生について来るなとりんごに言われて大人しく家に……、いるわけなく、勝手についていくことに。が、見事にはぐれ、コスプレ大会に参加してます。この子達は本当にダメな子です。
一方その頃、草太達は植物園でいばら姫と遭遇。敵か味方か判らない状況だったので、草太は心の中で白雪と赤ずきんを呼びます。受信出来るのは白雪だけ。赤ずきんが一番ダメな子です。
そこにグレーテルが襲ってきまして、まだ寝ぼけているいばら姫と対決。赤ずきん達が三人揃ってしまい、不利になったグレーテルはとんずら。
いばら姫は沢城さんですが、殆ど寝ぼけてるというのがデフォらしいので、今後もまともに喋らないのでは……。あと、ランダージョのリュックの中身がおでん缶だらけ、というところが笑えます。じゅーすぃー。

●「OVA おとぎ銃士赤ずきん」
こちらも見てみました。
田村さんのラジオでOPにいたマッチョな木はもう出てこないのですか、という質問が前にあって全員が爆笑していたのですが、本当にマッチョ! 蹴られただけで消滅するマッチョ! マッチョ超弱ッ!
というか、主題歌の「Ever-Never-Land」と見事に噛み合ってません。マッチョ浮き過ぎ。でも、本編の敵のデザインも笑わせます。
話の方は、ヴァルが草太の家にきた所から話が動き始めます。
OVAだとヘンゼルが清水香里さんだったのかー。グレーテルが出てこない代わりに、ヘンゼルが動いて清水さん喋りまくり。なんで、キャスト代わっちゃったのかな……。
赤ずきんは若干OVAの方が喋り方が女っぽいです。無邪気なだけで、アニメほどバカではないっぽい。ヴァルと白雪、りんごはそのまま。
BGMとEDが代わってないというのも珍しい気がします。去年出たOVAだからかな。

●「コヨーテ ラグタイムショー」第03-04話。
もう何て言うか、12姉妹弱すぎ。セプ死亡、早ッ。

●「シムーン」第17話。
リモネとドミヌーラは消えたまま。

そして、パライエッタwwwww もう色んな意味で笑えるwwwww

巫女のお偉いさんとそっくりな人を見てネヴィリル様が名前を呼んだ時、「同じや」って言ったのかと思いました。なんで、いきなり関西弁? と思ったら、オナシヤという名前だったのか。
嵐のように去っていった爆弾犯の松来さんアングラスの遺体が遺跡にあったりと、何だかよく判らない状態になってきました。てっきり、リモネとかの遺体かと思ったのに。

スポンサーサイト
アニメ。 | 【2006-07-31(Mon) 21:45:38】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
梅雨明け。
●「ストロベリー・パニック」第17話。
ようやくエトワール選の話になってきました。遅い。遅過ぎる。
スピカ代表として出る気満々な狐は凸会長に直訴。その後ろで不敵な笑みを浮かべる狸の方が大ボスに見えます。
しかし、凸会長は全く相手にしておらず、スピカ代表として天音に執着してます。光莉が天音を夢中で見守っている傍でやっぱり切なそうな表情をしている夜々。夜々が立ち去ってもスルーな光莉。もう夜々が出てきただけで泣けます。
一方その頃、その天音の監視を屋根からする狐と狸。何故そんなところから……。
エトワール選はペアで出るのが規則ということで、エトワール様の相方がもうお亡くなりになっていることをアッサリ渚砂に話す玉緒。小説では引っ張っておきながら!
そして、ようやくエトワール様への気持ちに気付き始めた鈍感な渚砂は夜中にピアノ演奏。超迷惑。その音に誘われるようにやってきたエトワール様の目が怖い。魔眼発動しそうな迫力。
その場の勢いというか、唐突に紅葉狩り行きを誘うエトワール様。玉緒とも約束していた渚砂は三人で、と提案。何気に酷い行為です。しかし、

「ダメ。私の別荘に行くのよ」

と強気なエトワール様。問答無用です。我侭過ぎます。というか、別荘で何をするのでしょう。紅葉じゃなくて渚砂を狩るのが本当の目的?
その剣幕に押されたのか、渚砂はつい返事をしてしまいます。これまた酷い行為です。
紅葉狩りの準備をしていた玉緒に謝る渚砂。涙ながらにエトワール様への思いを打ち明けられても玉緒が可哀想なだけです。
一方その頃、ミアトルの生徒会長、深雪のシャツを脱がしているエロワール様。もとい、エトワール様。預けていたペンダントを返してもらうだけなのに、何故脱がせるのか。
そして、紅葉狩り当日。自分が作った食べ物を渚砂に持たせる玉緒。こんな変態どもには毒を盛ればいいと思います。恐らく、このバスケットはエトワール様に捨てられるような気がしますけど。

●「おとぎ銃士 赤ずきん」第04話。
食いしん坊バンザイな回。
ここまでダメなヒロインは久しぶりです。バンザイ。

●「ゼロの使い魔」第04話。
愛人として売られてしまったほちゃメイドを救いに行く話。
メイド萌え。基本的に大人しい系のキャラに萌えることはないのですが、このメイドはいいなぁ。これはほちゃ堀江さんの力か。

●「xxxHOLiC ホリック」第16話。
管狐キャワ。座敷童と再会する話でした。
かなりオリジナルな再会の仕方をしてましたけど、やっぱり声が……。

アニメ。 | 【2006-07-27(Thu) 19:07:28】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
今こそ吶喊。
http://www.youtube.com/watch?v=VwGoa2jUDPY&search=saeko
「水辺の花」のPV。

初めて見ました。存在すら知りませんでした。
キャラソンにPVがあるってことにも驚きつつ、このPVはいい出来ですなぁ。モエス。
「舞-HiME」のキャラソン+千葉さんの髪がまだ長い時期=2004年秋くらい?
でも、何の商品を買えばこれが見れたのかがよく判らない。
それくらいぐぐれよと言われる前に調べてみたのですが、該当するものが簡単に見つからない……。うーん……。

ちなみに、「舞-HiME」のキャラソンは、奈緒ちゃんの人間不信バリバリなツンツンソングも好きです。でも、この曲を聴いた後に、なつきの「綺麗な夢のその果てに」を聴くと、二人が仲良くなればオールオーケーじゃね? とか思います。今こそ吶喊。

声優。 | 【2006-07-25(Tue) 00:26:21】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
少々二日酔い。
酒を飲んだ翌日って、どうして腹の調子がよくないのでしょう。

●「ストロベリー・パニック」第16話。
「カルメン」の本番前ということで、狐と狸が早速和を乱そうとします。が、自滅。
それでも諦めない粘着質な二人は、本番当日天音の靴に細工。その所為で千華留が足を怪我してしまい、代役で渚砂が舞台に登場。
前回、エトワール様の練習相手をしていたシーンを見て、こうなることを予想していた人は多いはず。それくらい、ベタな展開をしてくれます。
というか、毎回天音はいいところがないですね。まだ回避しようとした千華留の方が格好よく見えました。
そして、無事に劇が終わり、一安心というところで、闘牛の中の人の正体が発覚したわけですが、

スピカの生徒会長、それでよかったのかwwwww

その後、キャンプファイヤーのシーンで静止画ながらも、天音と光莉の傍でしょんぼりしていた夜々の姿が泣かせました。

●「ゼロの使い魔」第03話。
ほちゃ堀江さんのメイドが可愛いなぁ。
猪口さんのキャラは「ハルヒ」の長門さんみたいに無口キャラですけど、最近こういうのが流行りなのだろうか。
あと、喋る剣というのは「黒鉄」を彷彿とさせますが、あの漫画って終わったっけかなぁ。ずっと中断されたままだったかな。

●「つよきす Cool×Sweet」第03話。
もう体育武道祭かぇ。ゲームだと中盤のイベントなのになぁ。
あと、ゲームでは主人公だったレオの存在感のなさが泣ける。

って、タイマンドッヂボールってなんだよwwwww

という流れに。もはや、素奈緒が目の敵にしている姫しか目立ってないわけで、その姫もただの高飛車生徒会長状態。姫のいいところが全く出てませんがな。
個別にキャラを掘り下げていく前に、視聴者がいなくなってしまいそうなアニメになっているような気がしてなりません。どういう方向に話を進めていきたいのかも、よく判らないし。

●「貧乏姉妹物語」第03話。
これは酷い作画ですね。というか、全10話なのに、何故……。
しかし、このアニメ、何故常に頬を染めているのだろう……。
あと、公式の掲示板の寂れようときたら……。会員にならないと書き込めないタイプだからというのもあるのでしょうけど。

●「シムーン」第16話。
パライエッタ、いまだ鬱陶しいくらいに空回り中。というか、リモネがずっと抱いているロードレアモンの人形が怖過ぎます。
翠玉のリ・マージョンを発動させ、死亡フラグが立っていたっぽいドミヌーラとリモネが消滅。というか、行方不明に。リモネ巻き込まれて可哀想。
そんな状態なのにノコノコとやってきて、間一髪間に合ったとのたまう艦長が無様過ぎます。
それにしても、いつもに増して静止画が多い回でしたけど、スケジュールが圧してるのだろうか。あれも演出?

●「桜蘭高校ホスト部」第15話。
ハルヒが軽井沢でバイトしている話。
何というか安心して見れるだけに、ここに書くことがありません。

アニメ。 | 【2006-07-22(Sat) 17:52:24】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
雨。
●「ゼロの使い魔(http://www.zero-tsukaima.com/」第01-02話。
世界観のイメージは「ハリポタ」みたいなものでしょうか、これ。
「灼眼のシャナ」コンビがメインで他にも声優が豪華ですが、人多いなぁ……。

●「おとぎ銃士 赤ずきん」第03話。
転校生が来る話。
明らかに敵のスパイみたいな子なのですが、全員歓迎ムード。
白雪姫が家に結界をはってましたけど、学校ががら空きだと無駄になりそう。

●「ストロベリー・パニック」第15話。
玉緒企画脚本の演劇「カルメン」を文化祭でやる話。
エトワール様と天音メインで演劇をやりたいスピカの生徒会長は玉緒にクッキーを餌に直訴。餌が安すぎます。
というか、この人、どんどんデコが上がっていきます。もはや、でぼちんにしか見えません。
エトワール様のカルメンが見たいと言う渚砂の所為で、玉緒は自然と違うキャストを頭に描いて脚本を書いてしまったのか、カルメンが千華留、ホセがエトワール様、カルメンの恋人が天音に決定。

というか、主役の二人を邪魔するコンビが狐と狸wwwww

六条会長、ナイス配役。
その後、それぞれのCPで練習開始。狐と狸が大暴れしてくれそうなので期待です。

●「xxxHOLiC」第15話。
前回の続きで、双子の話。
いつになったら絵が綺麗になるのだろう……。

●「桜蘭高校ホスト部」第14話。
新聞部がメインと見せかけておいて、ホスト部の絆を見せる回でした。

●「シムーン」第15話。
ドミヌーラが死ぬ気満々です。そして、パライエッタが見事な道化師っぷり。

アニメ。 | 【2006-07-18(Tue) 18:00:01】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
熱い。
●「コヨーテ ラグタイムショー」第02話。
ミスターとフランカの再会話。
第1話の時よりも更に絵が動いている感じがします。超細かい。何もそこまでしなくても、というくらい細かい。
12姉妹がゴチャゴチャし過ぎているので、一度でいいのでちゃんとした紹介をしてもらいたいです。オッパイオッパイ。

●「無敵看板娘(http://www.onimaruhanten.com/」第01話。
ラジオで生天目さんと小清水さんが超疲れるアフレコと言ってましたけど。
見てる方も何故だか疲れました。テンション高いまま突っ走っているアニメなので……。

●「つよきす Cool×Sweet」第02話。
第1話では、明らかにOPとEDが間に合わなかったんだろうな、という感じでしたけど、今回ようやく正式っぽいのが出来てました。
が、地味っちゃー地味。
ゲームの「つよきす」は、会話のテンポの良さとパロディの嵐が素晴らしかったと思うのだけど、アニメだとちょっとなぁ……。まず、パロディが使えないだろうし。
始まる前からファンの間では黒歴史になっているこのアニメですが、自分は密かに期待してたのに、今のところ微妙です。

●「シムーン」第14話。
珍しくモリナスが目立っていた話。
個人的にモリナスが一番好きなので、今までの地味っぷりに唖然としてたものですが、今回の話では、やっと満足……というわけでもなく。
そういえば、いつの間にか消えていたアムリアが乗っていたシムーンを見て、ドミヌーラがウォォォォンと叫んだのは、アムリアがそこにいるから、とかなのかな。
実は「エヴァ」みたいに人の魂が宿ってたりして。


アニメ。 | 【2006-07-12(Wed) 16:35:36】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
追いつけない。
●「おとぎ銃士赤ずきん(http://www.konami.jp/visual/akazukin/index.html」第01話。
コナミのアニメということで、そういうのは「極上生徒会」以来かな。
先にOVAでやってたみたいですが、放送時間も朝になり、子供向けのアニメに変更されています。コナミ本気過ぎ。3クールある時点で超本気ですが。

本編の中で、赤ずきんがアイテムを使って敵をやっつけてましたが、明らかにノリが魔法少女もの。コナミはグッズというか玩具を売る気満々です。さすがに「極上」の時みたいにカレーは出さないでしょうが。

しかし、OPの曲は良いです。さすがコナミ。
田村ゆかりさんは「極上」に続き、連続主役。コナミのアーティストである以上、仕事に困ることがなさそうでいいですな。もちろん、彼女の人気、実力あってこその主役抜擢でしょうけど。

●「おとぎ銃士赤ずきん」第02話。
子供向けのアニメなので、第1話を見た時に継続して見るのは辛いかなーと思っていたのですが、異世界の人間である赤ずきんと銀狼ヴァルが人間界に居候してから、中々面白くなってきました。「スパイダー・ライダーズ」の時は第1話で挫折したんですけど。

猫のランダージョの好物がおでん缶ってw
千葉さんの後輩である小林晃子さんは「しにがみのバラッド。」でくらいしか声を知らなかったのですが、ランダージョハマリ役だなぁ。
そして、白雪姫も登場。

それにしても、赤ずきんが予告で言っている「ずっきゅーん」と本編でよく口にする「ジュースィー」の意味がよく判りません。

●「コヨーテ ラグタイムショー(http://www.ufotable.com/coyote/」第01話。
絵が超綺麗。
生天目さんがやっているラジオでも、やたらと絵に力をいれていますと言いまくってますけど、見て納得。
というか、第1話から早速12姉妹が大破してましたけど。アニメ見るまで普通の人間だと思ってました。ロボだったのかー。
チェルシー役の下屋さんはテンパった役が上手いなぁw

●「貧乏姉妹物語」第02話。
頑固親父な大家さんが入院する話。
そういえば、原作の漫画をこの前パラパラっと読んでみたのですが、一話一話が短い漫画なんですね、これ。
アニメ一話につき、数話分をミックスしているようで、この調子で行くと原作の話数をあっという間に追い越しそうな。いや、全10話だから大丈夫なのか。
あと、未来の話だということも気付いてませんでした。中学生が働けるように設定を未来にしてるようで。

しかし、このアニメ、効果の出し方がちょっとおかしいです。
姉妹の間に変な花びららしきものが舞ったり。ちょっと噴出しそうになりました。

●「xxxHOLiC」第13話。
最高に絵が崩れてましたけど。
背中に翼が生えた少女の話。
蟲はあやかしではないと原作では言っていたような気がするのだけど、少女に乗り移っていたのはあやかしになってました。はて。

●「xxxHOLiC」第14話。
双子の女子大生の話。
氷上恭子さんの声は直ぐ判るなぁ。そして、珍しく一話完結ものではありませんでした。
EDがBUCK-TICKになってましたが。「JUST ONE MORE KISS」や「悪の華」くらいしか知らない人間なもので、妙に懐かしく感じました。

●「涼宮ハルヒの憂鬱」第14話。
最終回。
全14話というのも珍しいような。
それにしても、最後まで安定した作画でした。素晴らしかった。
続編はやろうと思ったら出来そうですけど、どうなんだろう。京アニは「kanon」、「クラナド」も製作が決まっているし。
恐らく、かなり前から準備をしていたからこその、あの安定した作画だった気がするわけで、こういうのは勢いがある時に出さないと、ユーザーはあっという間に身を引きそうな気もするし。

●「西の善き魔女」第13話。
最終回。
ツッコミどころ満載なフィリエルとルーンのベタベタっぷりくらいしか記憶に残りませんでした。見ていて鳥肌が立ちました。
どうも原作の話を殆ど消化出来ていないような印象を受けましたけど。1クールでやるような内容ではなかったのでは……。原作知らないけど。
一話で失踪した博士とは最後まで会えず、女王候補の話も基本的には振り出しに戻り、アデイルやユーシスの心情描写も中途半端。
何より、ホモが雑魚だったことが本当に残念!

アニメ。 | 【2006-07-10(Mon) 19:36:13】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
ハルヒCD関連。
涼宮ハルヒ関連のCDが色々と出ています。
で、聴いてみました。
それぞれが「ハレ晴レユカイ」を歌っているところが聴き所かと。

B000FFL4KA涼宮ハルヒの憂鬱 キャラクターソング Vol.1 涼宮ハルヒ
涼宮ハルヒ(平野綾) 畑亜貴 鈴木マサキ
ランティス 2006-07-05

by G-Tools

キャラに合わせて、ノリがいい曲を担当している感じがします。
今まで出してた「冒険でしょでしょ?」とか「詰め合わせ」に入っていた曲に比べると、ちょっとパンチが弱い感じのソロ曲。
「ハレ晴レ」を聴いた感じでは音を取るのが苦手な人なのかな、という印象が。「HEY3」の時も三回収録したというわりに音が取れてませんでしたけど。

B000FFL4KK涼宮ハルヒの憂鬱 キャラクターソング Vol.2 長門有希
長門有希(茅原実里) 畑亜貴 上松範康
ランティス 2006-07-05

by G-Tools

バリバリ打ち込みの曲ですけど、「雪、無音、窓辺にて。」が格好いいです。セリフいらないけど。
「ハレ晴れ」は個人的に平野さんよりも安心して聴けました。茅原さんって意外と歌上手いですね。

B000FFL4KU涼宮ハルヒの憂鬱 キャラクターソング Vol.3 朝比奈みくる
朝比奈みくる(後藤邑子) 畑亜貴 橋本由香利
ランティス 2006-07-05

by G-Tools

「ハレ晴れ」は他の二人と比べると、若干走ってるように聴こえるのだけど、気の所為だろうか……。
ソロ曲はオシャレ系! しかし、やっぱり三人の中では一番唄が拙いですw 声量がないのだから仕方ないですけど。
でも、個人的に橋本由香利さんが作る曲はツボにハマります。例えばコレ↓

B000FGG1RKあしたの手
能登麻美子 橋本由香利 神田朱美
コロムビアミュージックエンタテインメント 2006-06-28

by G-Tools

子守唄を歌わせると呪いソングになるというので話題の能登さんが歌ってますが、c/wの「Spring Summer、Fall」が秀逸。
念仏に聴こえるラップ部分はあまり興味が湧かないけれど、いいメロです。
AICE5の時は浅野さんの声ばかり目立って、神田さんの声がよく判ってなかったのですが、結構綺麗な声をしてらっしゃる。唄が得意というわけでもなさそうですけど。

http://minorhythm.jugem.jp/?day=20060708
後藤さんの衣装に涙。
どうでもいいですけど、プリンセス・テンコーが紛れてますね。

声優。 | 【2006-07-09(Sun) 06:10:08】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
ドン。
●「シムーン」第07-13話。
てっきり、1クールものだと思い込んでいたら、2クールあるんですね、これ。

・第07話。
マミーナとユン加入。
エロイ会話になると無表情で自ら耳を塞ぐリモネが可愛い。
・第08話。
突然やってきて、派手に爆死していく松来さん。
おかげで、ネヴィリルの引きこもりが治りました。いい仕事をした。
・第09話。
怪しい風貌のドミヌーラがいつの間にか偉い人に。ドミヌーラ大ボスにしか見えないよドミヌーラ。
・第10話。
幼い頃の(お嬢様と庭師の娘 という関係から険悪だったマミーナとロードレアモン。ロードレアモンが自慢のおさげを切ることで和解。
・第11話。
見忘れ。
・第12話。
一話使っても、カイムとアルティ姉妹はやっぱり仲直り出来ません。
・第13話。
アムリアが死んだ技を平然と一緒にやろうと言ってしまう空気を読まないアーエル。案の定、ネヴィリル引きこもりの道へ舞い戻る。
あと、パライエッタの顔が可哀想なことに。

●「西の善き魔女」第09-12話。
こちらは1クールだった模様。

・第09話。
学園編で出てきていたイグレインがフィリエルのお供に。そして、アデイルの側近にヴィンセント。
竜騎士であるユーシスは竜退治に必要なユニコーンを手にいれるわけですが、フィリエルはその子供を。こいつがまた役に立たない。
・第10話。
レアンドラの下僕として生徒会の面々が。
行方不明だったルーンが竜に襲われそうになったフィリエルを助けに来ましたが、フィリエルは見えない壁に吸い込まれて行方不明に。
・第11話。
色々あって、フィリエルが戻ってきましたが。ルーンの頭のネジが吹っ飛んだのか、イチャイチャイチャイチャ。見てて、痒い!
・第12話。
ホモライアモンが生きてまして、ユーシスの友、石田彰ロットが裏切り、ホモライアモンの仲間に。
そんなこんなで、真昼の星が接近中。
このままだとレアンドラが激しく小物なんですが……。

アニメ。 | 【2006-07-05(Wed) 16:53:12】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
テポ。
●「ストロベリー・パニック」第14話。
2クール目になったということで、OPが変わりました。

が、何あの布!wwwww

全裸の少女を薄い布で乳とあそこだけを隠すギリギリの表現→萌え という安易な考え。センス悪過ぎます。
あと、前回のOPだと、光莉←夜々視線だったところが、今回は夜々←蕾になっているところが、ちょっと気になります。でも、蕾は光莉ヲタ。意味なさそう。
光莉との初対面時に天使に会った、と夜々は言ってましたけど、小説だとこれは天音の心情だったような。
で、夜々が光莉を襲った後、どうなっていたかという詳細が今回明らかに。

そりゃ、いきなり、乳もんだら嫌われるよね!

案の定、3mくらい突き飛ばされてます。光莉力持ち。自滅してしまった夜々は光莉から距離を置くようになってしまいました。何というか……、かわいそうです。
そして、渚砂の隣人、竹村と水島も派手に喧嘩。このシーンがちょっと凄いです。

引き戸なのに、扉が開いた瞬間、水島が廊下に飛ばされてます!

その後、本が大量に飛んでくる辺り、扉を開いたのは竹村じゃないわけで。ということは、エスパー!
そんなことはどうでもいいですが、渚砂はようやく自分が玉緒から貰ったリボンを紛失していたことを思い出し、プールを捜索。無事に見つかりましたが、なくしていた罰と言わんばかりに毎晩小指にリボンを巻いて寝るという嫌がらせをする玉緒。いい人そうに見えて恐ろしい子。

で、渚砂と玉緒が仲介役となって、夜々と光莉は何とか仲直りさせようとします。そこで、夜々は光莉と初めて出会った日のことを思い出します。
出会った瞬間いきなり追いかけっこ。そして、合唱。何だこいつら。
結局、二人は仲直り出来たのですが、

「夜々ちゃん、ずっと親友でいてね」

死刑宣告。やっぱり、夜々は可哀想な子。
後はもう天音との仲を見守る役になってしまうのでしょう。本当にかわいそうです。

そして、EDも変わりました。が、いきなりぶったまげる演出。
飛び出す絵本!! ミアトルの制服を着たぺらぺらの中原さんと清水さん! 背景が苺! 見詰め合う二人の背後にもっさりと現れる花束! そのままキラキラ輝く画面!

これぞ、最悪のセンス。

●「つよきす Cool×Sweet(http://www.tsuyokiss.jp/」第01話。
わりと声の違和感はなかったのですが、

フカヒレ……_no

一番のハマリ役は金朋さんでした。殆ど喋ってないけど。個人的には、中原さんのブレス音が気になってしょうがないです。
PS2の素奈緒さん話を知らないので、個人的には楽しめそう。でも、主役になるほど人気のあるキャラだったのだろうか。

アニメ。 | 【2006-07-05(Wed) 16:32:33】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
私も修羅場ってます。
B000F6WSJ0舞-HiME 運命の系統樹 修羅
サーカス 2006-06-30

by G-Tools


すっかり忘れてましたけど、出てました。
しかし、買えてません。

だって、お金ないからーーーーーッ。

PCゲームって何故あんなに高いんでしょうかね。
あと、ここ二ヶ月ほど、パチンコ超絶不調というのが一番の原因。
パチンコする金があったら、「つよきす」や「キミキス」や「修羅」くらい余裕で数十本買えるでしょうが、と言われそうですけど。
昨日も「銀鉄」で奇跡を起こしまして。

種有り赤い彗星→ビッグワンモード→コインチャンス→単発

この奇跡のコンボは凄い! 我ながら凄い!
箱が吸い込まれた後、トドメで赤い彗星のガセが出てきましたからね! 大当たり回数5回なのに、出玉1箱分だ! 超すげぇ!
それに、ビッグワンモードは三回目だというのに、全て単発というところも超すげぇ!

ここまで不調だと、逆に清々しい気持ちで一杯です。
なので、溜まっていた「シムーン」と「西の善き魔女」をのんびり見てました。いつの間にか「シムーン」が楽しいことになっていて驚きました。
面倒なので、感想を書くのは後日ということで……。

そして、「修羅」に話を戻すと、会長ヲタにはよいゲームらしいですが、奈緒ちゃんが予想通り、小物らしいので迷うところです。

おぉ、雷が!!

ゲーム。 | 【2006-07-03(Mon) 18:00:14】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
夏といえば、食中り。
ここ丸二日ほど、食中りのような症状で倒れてました……。
上から下へ直通。正露丸すら歯が立たない。
元々、腸が弱い人間ですが、ここまで酷い症状が出たのは初めてでした。原因不明なところがまた辛い。
考えられるのは、室温30℃以上ある状態で、常温にして飲んでいたEvianが原因だと思われます……。気をつけましょう……。

●「苺ましまろ」の新作。
http://www.ichigomashimaro.com/
http://www.fwinc.co.jp/ichigo/

キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
ドラマCDのことは知っていたけれど、OVAもかー。
絶望的だと思っていただけに嬉しい。OVAが売れたら第二期の可能性も出てくるかもかも。

●「貧乏姉妹物語(http://www.toei-anim.co.jp/tv/binboushimai/」第01話。
ドラマCDだと、田中理恵さん&釘宮理恵さんだったようですが、アニメは坂本真綾さんと金田朋子さん。
http://www.animate.tv/special/binbou.php
しかし、これを見ると、どっちが姉役か判りませんw
坂本さんの性格上、金朋さんとの絡みにムキーと切れそうな気がして怖いですが。

で、肝心の内容はタイトルから予想出来るものでした。第1話なのにちょっと絵がアレかなぁ、と思うところがありましたけど。
「ARIA」が好きな人はこのアニメも好きそう。

●「桜蘭高校ホスト部」第13話。
不思議の国のハルヒ、ということで。
原作にもあったような気がするけど、ここまでシュールではなかったような気が……。
「ウテナ」が好きだった人にはたまらない演出の数々でした。第一期にあったカウベルの話とかああいう路線のw


アニメ。 | 【2006-07-02(Sun) 02:14:27】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。