プロフィール

有明。

Author:有明。
見たアニメの感想などを適当に書き散らす雑記。

●参加サイト。
trillionbird

●推しCD。
Shiny+
寿美菜子
B003TIB068

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
トイレで赤庭。
買い物帰りに、あともうちょっとで我が家というところでトイレに行きたくなったので、傍のパチンコ屋へ行って一息ついていると、

パッパッパーラッパッパッパラッパー。

ハッ。これは「RED GARDEN」のOP!!
こんな所(トイレ で耳にするとは!!

間違いなく、自分一人しか反応してなかったと思うのですが(トイレだしな

このパチンコ屋、たまに不思議な選曲でBGMを流しているのですが。
流行の曲を流していることが多いのですが、たまにハロプロ関係ばかりになったり、今回のようにアニソンになったり。
林原めぐみさんの「Give a reason」ばかり流れてる時はさすがにどうしちゃったんだろう……と思ったものです。
それにしても、これは有線なのか、店長セレクションなのか……。
違うパチンコ屋へ行くと、オレンジレンジ攻めにあったり、あゆ攻めにあったりするんですけどね。それもどうかと。

見てるアニメがちょっと溜まっているので分けますね。

“トイレで赤庭。”の続きを読む>>
スポンサーサイト
アニメ。 | 【2006-10-31(Tue) 18:51:49】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
ドツボ。
うう……、イカン……。
現実逃避が始まってしまいましたよ……。

しかし、古い本だと画像が表示されませんね。
これでは何の参考にもならない……。

“ドツボ。”の続きを読む>>
本。 | 【2006-10-24(Tue) 05:18:39】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
どどんまい!
●「けよりな」の作画崩壊がやっぱり話題になってます。
http://guideline.livedoor.biz/archives/50725860.html
http://www.youtube.com/watch?v=G2CWmmkwE4I

私の場合は、このアニメを見た時に「キャベツ祭り」を思い出したのですが。
http://forgirls.hp.infoseek.co.jp/k.html *「き」の段を見てね★

●「地獄少女 二籠」第03話。
冒頭でいきなり地獄通信にアクセスしてますけど。今回の依頼人は隣りの家に住んでいる幼馴染のけいちゃんを溺愛している多恵。けいちゃんにたえぽんとか呼ばれてますけど……。キモイな、この二人……。けいちゃん、なよなよしてるし……。
けいちゃんの彼女弓枝には鬱陶しく思われ、周りの人間にもストーカー呼ばわりされているたえぽん。一途というより、ちょっと電波体質っぽいですたえぽん。オリキっぽいですたえぽん。
今回はターゲットが判っているので、開始五分でもう藁人形が登場します。今回は輪入道。地獄行きを宣言されてもニコニコしている依頼人はこれが初めてかもしれません。
で、部屋を貸してくれとけいちゃんに頼まれた多恵はベッドメイクをこなし、きちんとティッシュまで準備します。うまくいきますように、という願いを込めつつ、枕の下に。
そして、近くの公園で時間を潰していた多恵に骨女が接触。盲目的な愛を語る多恵の話についていけない骨女。そこで、謎の少女にちょっかいをかけられます。新キャラ? 骨女の過去に関係してる娘? すぐにとんずらしてしまったので謎ですが。
で、弓枝にしてみたら、嫌いな女の部屋でやる気など出るわけがなく、ハワイでだったらやりたい、と上手く逃げます。弓枝がハワイに行きたいと勘違いしたけいちゃんはバイトを決意。それを聞いた多恵は自分のキャッシュカードを渡します。
が、弓枝がけいちゃんの友達とやっているシーンを覗き見た多恵はご立腹。というか、覗きは犯罪です。元々、けいちゃんの幸せしか考えていない多恵は弓枝のことが嫌いなわけですけど、これでますます憎しみが増すわけですね。
けいちゃん自身も二股をかけられ、しかも二番手だったことに気付き、傷心のまま、多恵を抱いてしまいます。が、恋人になるといつか別れがくることに怯えている多恵は抱かれたことに後悔を。が、けいちゃんは多恵が一番大事だということに気付き、窓越しに近づこうとしますが、多恵はそれを拒否ろうとし、けいちゃん窓から転落。一瞬で返らぬ人に。けいちゃん、最後までなよなよ。
翌日、全く哀しんでいない弓枝を見て多恵の怒りはMAXに。というか、アンタも悪い。アンタが悪い。
そこで、復讐開始。弓枝と彼氏と語らっている最中に彼氏が一目連に変化。そして3Dで回転するベッドw 今回出撃シーンがないと思ったらベッドが輪入道w その上ルーレットの的にもなりますw とは言うものの、今回の復讐シーンは短くてイマイチ。
最後に、多恵は引越しすることになりました。が、引越し先の隣人の男にまた執着しそうになるところで話は終わり。うひゃあ、相変わらずな後味の悪さ。

今回の脚本は第一期で不倫の話をやったり、人形のような扱いをされる嫁の話を書いている人だったのですが、なるほど納得。この方は女性らしいねちっこい脚本で後味の悪さを描くのも上手いですw

●「乙女はお姉さまに恋してる」第03話。
得票者が75%いないとエルダーになれないらしいです。
というわけで、まりやがリーダーシップを取って、瑞穂ヲタを増やそうとします。というか、それだけ行動力があれば、まりやがエルダーになればいいんじゃないの。やっぱり、大事なのは顔なのか。
で、エルダー選が始まり、生徒会長を破って82%の得票者をゲット。「ストパニ」とは違い、早く決着がついてよかったです。
が、人気投票的な結果に納得いかない生徒会長が意義を唱えます。そこで対抗してきたのが紫苑さん。そして、生徒会長の意見を全否定し、言うだけ言って倒れます。頼りになるようで迷惑です。
慌てた瑞穂はお姫様だっこで紫苑さんを抱えたまま、会場からとんずら。それで更に全校生徒の憧れに。
というわけで、次回やっと後藤邑子さんのキャラが出てくるようです。それまでずっと女子生徒Aみたいな扱いで一応は出てましたけど。

●「あさっての方向。」第03話。
今更ですが、このアニメ、始まる前までは「苺ましまろ」系のほのぼのアニメだと思ってました。が、実際はずっとシリアス。先行でやっていたラジオのBGMに騙されていたようです。だって、穏やかなBGMばかりだから!
で、お互いの正体を隠してこれから生活していく為に買い物に行く二人。椒子は壊れたメガネを新しくしましたが、幼女向けには見えない黒ブチ。しかし、大人の椒子は嫌な女だったのに、幼女の姿になるとツンデレっぽく見えるっつーのは恐ろしいマジックですね。
兄の方はというと警察に一応届けを出したようですが、まだ何も知らない状態。で、迷った配達屋から椒子の家を突き止めます。椒子は自分の妹だと嘘をつき、その場を取り繕いますが、結局感情に任せて自分からゲロることに。それでも、兄は信じません。まぁ、それはそうですわ。
留学中に付き合っていて、からだの両親が死んだので一時的に日本に戻り、それから一方的に別れの手紙を送ってきた兄のことが許せない椒子。兄と別れた原因を作ったからだのことが許せないのも、理解は出来ます。
そこで、からだ本人は知りませんが、からだは親戚の子供で実の妹ではないことを兄が告白。で、ついについに、からだと兄が対面しました。

●「ゴーストハント」第03話。
( ゚д゚ )
こっち見んな、と麻衣が言ってて笑いました。正確には「こっち見るな」でしたけど。

アニメ。 | 【2006-10-22(Sun) 21:40:01】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
ルネサンス島。
●実写エヴァOP(http://blog.livedoor.jp/kuromacyovipper/archives/50642178.html

誰やねんwwwww

●「RED GARDEN」第03話。
リーズの埋葬に現れた田中さんことルーラ。そこで四人に謎の赤い石を渡し、土に埋めてごらんなさい、と言いますが、怪しすぎると主にレイチェルが拒みます。確かに怪しいです。
その後、ルーラの車で移動することに。そこには仲間と言われる人達が登場します。レイチェルの友達も紛れてましたが、戦意喪失していたので、化け物に殺されて灰になりました。(‐人‐)ナムナム
何だかんだで、石を埋めると赤い花が咲き、失っていた記憶が蘇りました。
リーズを探しに行った四人は謎な屋敷の中に入り、そこでリーズの死体とご対面。その場で四人も殺されてしまいました。その死体達を奪い返したのがルーラ達だったのですが、リーズの死体だけが途中で回収し損ね、仮の命を与えることも出来なかった、と。っていうか、

今回、お歌がなかったですよ!

●「コードギアス 反逆のルルーシュ」第02-03話。
三話にしてやっと千葉さんのキャラ登場。果てしなく雑魚臭い。
それに比べ、小清水さんや折笠さんのキャラはいいなぁ……。

●「護くんに女神の祝福を!」第03話。
「コードギアス」に比べ、何気に千葉さんのキャラは一番美味しい人なのではないだろうか……。
いつも一人だけ痛い目に遭わない人だし……。

●「おとぎ銃士 赤ずきん」第14-16話。
2クール目なのにOP変わらないですね。3クール目からかな。
14話はグレーテルが可哀想な話。
15話はりんご以外が人形になる話。
16話はいばら姫の過去話。
トゥルーデの姿がやっと出てきましたけど、ばばば化け物!?
エルフなのにいばらが東北弁っぽい喋りになるのも驚きですけど。
EDは三銃士が歌う曲に変わってました。橋本さんが作る曲はやっぱりいいなぁ。

●「らぶドル ~Lovely Idol~」第03話。
社長に直接会い、ゴネて見事三期メンバーになったマネージャーの妹。コネですか。コネですよね。それなのに、誰一人文句を言いません。同じグループと言えども、仲間はライバル! そんなことだから、デビュー出来ないのですよ! アンタ達!
それどころか、唄嫌いが入ればデビュー出来るのに、とか人任せなことを言ってます。もう辞めちゃえよ。そして、それぞれの夢を語りますが向上心が全く見えません。もう辞めちゃえよ。
後日、三期メンバーはショコラという二人組の先輩と会うことに。執事付で普段着に麦藁帽子とベレー帽をチョイスしている凄い先輩です。そして、そのままショコラのシークレットライブのリハへ同行することになりました。リハでも帽子付。
そこで事件発生。ちょっとしたミスで衣装のメイド服が貸し倉庫にあり、ライブ開始時間に間に合いません。ピンチ。
そこで、三期メンバーが前座として時間を稼ぐことに。で、マネージャーが渡していたチケットを返しにきた唄嫌いがそれに巻き込まれます。唄知らないのに。
で、前座開始。ショコラヲタからブーイングを喰らいつつも、直ぐに好意的な空気に。そんなバカな。
その上、何故か一期メンバーの唄を歌って踊れる唄嫌い。しかも、センターポジションにいます。そんなバカな。
そして、一緒に歌うことが楽しく感じた唄嫌いは、三期メンバーのフレンドリーな対応を避けきれず、そのままメンバー紹介まですることになるのでした。ナニソレ。

●「武装錬金」第02-03話。
次回もブチ撒けとく?

●「働きマン(http://www.hataraki-anime.com/」第01-02話。
OPの「働く男」は妙に懐かしいなぁ。EDのチャットモンチーも中々よさげな曲。フェスで見た時はあんまり印象になかったんですけど。
エンドロールの協力におかめ納豆の名前があったのには笑った。
田中さんの演技はもちろんのこと、せっくすせっくすと連呼するのも凄いですね。

アニメ。 | 【2006-10-21(Sat) 20:30:21】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
ああ無情。
●「ネギま!?」第03話。
明日菜がネギと仮契約をしてあまり役に立たないまま、カモがエヴァを倒しちゃいましたけど。そんなのでいいのか。でも、スプーで笑った。
しかし、もう一年経ったことになるんすか。原作知らないのでちょっとビックリしました。この一年が異様に長いのかな。
バカレンジャーはいつまでネタが続くのか、ちょっと心配です。ぅぐぅ!? でも笑いましたけど。

●「少年陰陽師」第03話。
もっくん、カワユス。
田中理恵さんが一瞬出てきました。しかし、このアニメ声優が豪華じゃのう。
あと、次回予告が無音なのがちょっと淋しい。

●「夜明け前より瑠璃色な -Crescent Love-」第03話。
前回から嫌な予感はしていたのですが……。
今回は前回よりもっと……、作画崩壊が……、それはもう酷く……。
MUSASHIの後釜でも狙い始めましたか、と尋ねたくなるくらいに……。

“ああ無情。”の続きを読む>>
アニメ。 | 【2006-10-19(Thu) 22:52:45】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
半月はないのか。
●今期ドラマの視聴率。        
月【21】のだめ       18.2__
火【21】役者魂!.   11.4__
  【22】僕の歩く道   19.3__16.4__
水【22】14才の母.   19.7__
木【20】おみやさん..... <10/19スタート>
  【21】だめんず    10.3__
  【22】嫌われ松子... *8.8__
  【22】Dr.コトー2006 23.2__
金【21】家族.       <10/20スタート>
  【22】セーラー服..... 17.3__
     笑える恋.     <12/01スタート>
  【23】アンナさん.   *8.1__
土【21】たったひとつ.....12.8__
日【21】鉄板少女.   11.0__

えー、「役者魂」面白かったのに。というか、第一話を見たのはこれと「のだめ」しかないのに。
ちなみに「のだめ」は個人的に微妙でした。やっぱり、三次元の人間が「ぎゃぼー」とか言うのは見てて辛いです。
「14才の母」は二話から見たのですが、二話からでも大丈夫。というか、一話で何してたのだろう。丁寧に作り込むから話の進行も遅いのかな。
「松子」は一瞬テレビの電源を入れたのだけど、小説読んでるので見なくてもいいかな、と直ぐ見るのを止めました。

ドラマ。 | 【2006-10-19(Thu) 01:44:12】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
超長い。
●「大魔法峠」第03-04話。
http://broadband.biglobe.ne.jp/index_anime.html
視聴出来るのは23日までです。お早めに。

三話はテストのお話ということで、Sなゲソ美先生登場。千葉さんwwwww
「舞乙」のへたれ系の声ですねゲソ。姉御をシバき倒すゲソ。川澄さんをシバき倒す千葉さん。つか、姐御よえぇぇぇぇぇ。
思ったほど、ゲソの個性が弱くてガッカリ。もうちょっと派手に暴れまわるキャラだと思っていたのに。
あと、前回のヤラレ役だった能登さんがクラスメートとして当たり前のようにいてビックリ。一回きりのキャラだと思ってました。
四話は姐御の初恋話。シュシュポポピーピーで噴いた。
が、これは……頭文字Dのパロ?
うーん、やっぱり個人的には「ドクロちゃん」の方が好きです。

●「地獄少女 二籠」第02話。
OPかっけー。SNoWたん、やっぱいいっすね。独特のけだるい疾走感、って地獄少女サイトには紹介されてますけど、それ誉め言葉だろうか。
冒頭の辺りで、池に落ちたゴムボールを拾おうとしてドボンするあいたん。ドジっ子!
行方不明になった妹を探している姉が今回の主人公で桑島さんでした。って、この人こんな声だったっけ。「ナデシコ」と「シムーン」くらいしか知らないからよく判らないのだけど。
で、姉は幻聴に悩まされていて、妹の部屋に入ると突然PCが起動。召還されるあいたん。が、本人の意思じゃないことを察し、スルー。どうやら妹の意識が姉の身体を使って地獄通信へアクセスしたようで。
この妹は既に殺されているらしく、犯された挙句に湖の底に沈められているわけですが、そんなことを家族が知るわけもなく。何となく、妹が死んでいることに気付いた姉は家族にビラ配りは無駄と告げますが、逆に咎められる始末。可哀想。どちらも可哀想。
行方不明になる直前に姉妹喧嘩をしていたことを深く後悔している姉。自ら地獄通信にアクセスしますが、恨みとはまた違うのでアクセス出来ず。それでも、妹の意識が伝わるようになり、ようやく全てを飲み込み、地獄通信にもアクセス出来るようになりました。
そして、今回の藁人形は一目連。
契約者は地獄行きというのを知り、何故妹が自分に契約させようとしていたのかを知る姉。ということは、憎まれていたのか。姉妹喧嘩さえせずに一人で帰ることにならなかったら死なずに済んだと憎んでいたのか。それって逆恨みっぽいけどなぁ。
で、復讐開始。最初は車ごと湖に落とし、その次は輪入道が扮した水車に飲み込まれw そして、最後は何故か能wwwww あいたん、能の口調でいつもの台詞をwwwww

輪入道、一目連、骨女の掛け声「ぃよーう(=゚ω゚)ノ」で噴いたwwwww

そして、犯人水ぶくれの刑。人間水風船になって、最後には破裂しました。すげぇ。股間から水が噴出したらどうしようかと思った。
結局、復讐が終わっても家族は行方不明のビラを配り続けるわけですが、姉だけは清々しそう。って、それでいいのか。両親は救われていないのに。
何やら一目連にも女性絡みの過去があるようで、今回の依頼人を一番気にしてましたけど。多分、他の二人にも何らかの過去があるんでしょうな。
そういえば、復讐シーンで、まさか、と思ったのですが、今回の脚本は第一期で一番爆笑した第7話「ひびわれた仮面」の人でした。歌舞伎と来て、能かwwwww

「ひびわれた仮面」と同じ脚本の人が担当した第10話の「トモダチ」も契約を美味く使った話でしたけど、復讐されていなくなった人間の傍にいた人間が依頼人になって、最初の依頼人に復讐しようとするループ話とかあってもよさそうですな。

●「パンプキン・シザーズ」第03話。
絵が崩れ気味。
今回はトンネル掘りと、貴族と飢えの話。
半日飯を抜いただけで倒れるアリス。へたれ過ぎるwwwww

●「あさっての方向。」 第02話。
椒子は小さくなってそばかす出現。ただでさえメガネなのにそばかす! まるでモブキャラのよう!
身体が大人になってしまったからだはショックを受けまくっているのに、案外冷静な子供になった椒子スゴス。からだが家に戻ってこないことを心配して電話をかけてきた兄をシャットアウトする様もスゴス。まぁ、確かに説明のしようがないでしょうけど。
で、最後に兄が二人を見つけるのですが、姿形が変わっているので気付かず、更に凹むからだ。ちょっとウザイです。諦めが入っている椒子の方がまだいいや。
あと、今回の作画監督は長谷川眞也さん。「エヴァ」とか「ウテナ」とかも、この人でしたね、確か。って、キャラデザの人も「セラムン」の人かー。音楽担当も「ウテナ」だしー。

●「ネギま!?」第02話。
今回もMUSASHIネタ多し。
そして、やっぱりキャラが覚えられないです。

●「乙女はお姉さまに恋してる」第02話。
早速、紫苑さんに男だとバレましたけど。
紫苑さん(松来さん &まりあ(ますみん に乳揉みのセクハラをされる瑞穂(堀江さん。中の人達でも普通にやりそうで怖いです。
で、全校生徒のトップであるエルダーとやらに瑞穂が事実上候補になりまして、

ってか、エトワールと何が違うの!

この手のお嬢様学校には当たり前のようなシステムなのか、これ。ごきげんようとブルマは必需、みたいな感じで。
で、紫苑さんがなればいいじゃない、という瑞穂に、去年エルダーだったけど病気で留年して全くの役立たずだったので無理です、とのこと。なんだ、ライバルにならないのかー。
そして、生徒会長(たかはしさん vsまりあ(ますみん 勃発。これまた中の人達の関係がそのままというか。キャスティングされた時に色々モメてたけど、素敵配役だった模様。
つか、生徒会長の付人おさげデコメガネが木村さんwwwww

| ̄|_| ̄|←こんなメガネかけてたら萌えんわwwwww

しかし、このアニメはアホ毛キャラが多いですね。由佳里ちゃんのことをトービーラーと呼んでいいでしょうか。「女子高生」の香田みたいな髪型だし。

●「ときめきメモリアル Only Love」第03話。
下校時、校門で待ち伏せしていた電波ガール。一方的に喋りまくったと思ったら、突然手を取って全力疾走。今更な自己紹介タイムが終わると、部活だから学校に戻ると言ってとんずら。すげぇ、このアニメ。
勝手に彼女になった電波ガールは授業中にメールを送り続け、主人公が周りから不幸の手紙を沢山貰っていても、ラブレターだと思い込み、鼻が高いと意味不明なことを言い続ける基地外っぷりを発揮。メール攻撃はスパムにしか見えません。
主人公が困り果てている姿を見て含み笑いをするヒロインもどうかと思います。
トドメには嫌がらせのような如何わしいものばかりが入っている弁当地獄。それに比べ、ヒロインは黄金のチョコバナナを作ったことがあるそうです。何か卑猥です。
そんな主人公が可哀想に思えた唯一の同級生が電波に苦言を。そして、ようやくきちんとした料理を勉強することになりました。遅い。
そしてそして、やっと浅野さんが出てきました。ちょっと低めの声の保健の先生。しかし、明らかに雑魚キャラ。モブまでやってました。
で、無事弁当が食べられるものになり、電波と別れた後、雨宿り中に図書館の内気少女と遭遇。この内気少女も雨好きということを散々語ってまして、主人公にハンケチを渡してとんずら。どうやら、フラグが立ったようですが。

というか、このアニメ、マトモなキャラおらんのか。

アニメ。 | 【2006-10-18(Wed) 04:46:43】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
人生は博打。
●怪盗天使ツインエンジェル(http://www.trivy.co.jp/machine/twinangel/twinangel01.html

ツインテール=田村さん、内気少女=能登さん というのはアニメ界では鉄板なのでしょうか。

というわけで、そろそろこのヲタ向けスロットが出回っているらしいのですが、残念ながら私はもっぱらパチンコ専門でパチスロは全くの素人。一度「北斗」をやってみたのですが、意味が判らないまま、見事に短時間で一万を奪われたのでそれ以来逃げてます。2チェとか意味判らん。

しかし、これは気になる。

素人にも優しい設定というのは何となく判るのですが、これを打っている姿を友達に見られた時には何と言って誤魔化せばいいのか。パチンコ打ってるだけでも、この前見たぞ、とか言われる状態なのに。
一部の人間にしかアニヲタであることはバレてないのですが、そしてバレているのはスロット専門の人間なので、いざとなったら開き直って打ち方を教えてもらうのもいいかもしれないのですが。

まぁ、うちの近くには入荷されてないんですけどね!

そもそも、これをアニメにしてくれた方がアニヲタ的には助かるんじゃないでしょうか。


ゲーム。 | 【2006-10-15(Sun) 05:05:40】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
大漁。
●「地獄少女 二籠(http://www.jigokushoujo.com/」第01話。
いきなり、前回の続き、というか、過去の話から始まってビックリしました。第一期でも蜘蛛の正体が明らかにされてませんでしたけど、えーと、結局誰? あと、一番の謎だったおばあちゃんの正体も今度こそ明らかにされるんでしょうか。 

今回はOPなし。SNoWたんの曲は大好きなので楽しみ。というか、サイトの方で視聴が出来ますけど、「逆さまの蝶」と比べるとちょっとアップテンポになってます。「逆さまの蝶」が神曲なのはもちろんのこと、「on&on」も好きなのでアルバム出たら買います。惚れ惚れ。

第一話は本やらノートやら色んなものに落書きされたり、筆箱に虫を入れられたりと何者かに様々な嫌がらせをされている少女の話。これが広橋さん。絶対出てくると思ったw 第一期の第一話もイジメに近い話だったのでなるほど納得。
イジメられている状態で唯一心を開けそうになった担任の女教師が、実はその嫌がらせをしていた犯人だったということを同級生から知らされ、少女は地獄通信にアクセス。
今回の藁人形は骨女。そういえば、この藁人形の設定、第一期の途中まで気付いてませんでした。今回は最初から判りやすく描写してますけど。
で、早速女教師に捕まり、人形を奪われた挙句、塩酸地獄。超怖。そこで手を払いのけ、逆に塩酸を顔に浴びせるという仕返しに見事成功して、人形を取り返して契約を。「恨み聞き届けたり」という台詞を骨女が口にしたのは初めてだったかな。いつも輪入道だし。
理科教師ということで復讐スタイルも実験風。あいも衣装チェンジして着物の柄が派手になりました。で、三角フラスコに入れられた女教師は二酸化酸素地獄へ。今回の復讐は地味だなぁ。もっと面白復讐シーンを期待していたのに。
あと、久しぶりだったこともあって、「いっぺん死んでみる?」の台詞の可愛いこと可愛いこと。でも、最後に毛虫地獄っつーのは非常にキモかったです。
そして、同級生とも仲良くなり一件落着かと思いきや、嫌がらせの一部をその同級生がやっていたことに少女は気付いてしまいました。うおー、後味悪いー。

そして、何やら新キャラが!

EDは今回も能登さん。こちらも前回の曲よりもアップテンポになり、いい感じに。
個人的には、つぐみ親子が出てこないことを祈るばかり。といっても、出てくるんでしょうけど。また2クール目からかな。というか、普通に一話完結の話をして面白復讐をし続けたらいいのに。
今期出てきそうな声優さん予想をしてみると、堀江さん、田村さん、神田さん、伊藤美紀さん、井上喜久子さん、中原さん、大原さん、釘宮さん、桑谷さん、松来さん、小清水さん、清水香里さん、新谷さん、野川さん、野田さん、水橋さん、柚木さん、W高橋、ハルヒ三人衆、あたりかなぁ。というか、これだけ言っておけばどれかは当たるだろうw

●「乙女はお姉さまに恋してる(http://www.starchild.co.jp/special/otome/」第01話。
こちらもやろうと思ってずっと放置しているゲーム……。
堀江さんなりに男の子声を一生懸命出してましたけど、ちょっと笑ってしまいました。いや、想像通りというか。そもそも、設定に無理がある話なので、些細なことは気にしてられません。
あと、ますみんこと浅野さんがわりと目立っていて驚き。まぁ、唯一主人公が男だと知っている幼馴染だからフォロー役として当たり前なのですけど。
で、本編は祖父の遺言で女子高に転入することになった男の子の話。ノリ的には「マリみて」や「ストパニ」ですね、これ。お部屋係りとか、ごきげんようとか。
恐らくヒロインは松来さんのキャラだと思われるのですが、「ストパニ」の光莉の二の舞にならぬよう祈っておきます。少しは共感させて下さい。

●「らぶドル ~Lovely Idol~」第02話。
前回、散々唄を聞かさせられたこのアニメ。今回も野川さんの唄ばかりが流れます。こんなんばっかか、このアニメ。
更にまたそれぞれ違うレッスンをし始める三期メンバー。協調性があるんだかないんだか。
そして、すっかり唄嫌いの弾き語り少女のストーカーになってしまったマネージャー。エロ目でデビューの勧誘をして拒絶されます。当たり前です。
それでもストーキングをやめないマネージャー。それを更にストーキングする三期メンバー。何の連鎖ですか、これ。
不甲斐ないマネージャーの代わりに唄嫌い少女を説得しにいく三期メンバー。しかし、これもまた撃沈。そこで秘密兵器の登場。先輩アイドルをつれてきて唄嫌い少女の説得をさせるのかと思ったら、ただのマネージャーの悩み相談相手でした。
その悩み相談が役立ったのか、意味なかったのか、マネージャーは自分の経験を勝手に語り始め、俺を利用してくれと唄嫌いの少女に宣言。それだけで心を動かされる唄嫌いの少女。
そして、新メンバー加入。唄嫌いかと思いきや、マネージャーの妹でした、というオチ。
次回予告で「前座ですか?」という言葉が「全裸ですか?」に聴こえた私の耳は一体……。そういえば、やっと黒髪が中原さんだと気付きました。

●「ゴーストハント」第02話。
何だかテンポが微妙に気持ち悪いんですけど……。

●「夜明け前より瑠璃色な -Crescent Love-」第02話。
早くも作画崩壊。

●「あさっての方向。(http://www.tbs.co.jp/asatteno/」第01話。
大人になりたいからだちゃんと、からだちゃんの兄の元恋人椒子の身体が、大人と子供チェンジしてしまう話。
椒子は子供になったらツンデレになるのかな。大人の姿じゃただの性悪ですが。
初主演という藤村歩さんの演技も中々よかったです。

●「すもももももも ~地上最強のヨメ~(http://www.tv-sumomo.com/」第01話。
鹿野さんのことはラジオで先に知ったので、ヒロインが鹿野さんにしか見えずwwwww
この手のアニメはギャグのノリについていけないと辛いっすね。

●「コードギアス 反逆のルルーシュ(http://www.geass.jp/」第01話。
日本が総攻撃されている図の中に、アジアからの攻撃がないのが笑える。ニッポンバンザイ。
サブキャラなので出てきていない千葉さんは出てきてもメガネなのでアレですけど、折笠さんのキャラが一番ヒロイン顔だと思うのですが、この子もサブですかー。
それにしても、思った通り、私の好みではないアニメっぽいなぁ……。ロボットも格好良く見えないし、人が多過ぎて何が何やら……。

●「Kanon -カノン-」第02話。
やっと全員登場。

●「護くんに女神の祝福を!」第02話。
早くもカップル成立してますけど。
コメディものとしては面白いのだけど、ビアトリスの意味が把握出来ないまま、話が進んでいく……orz

●「少年陰陽師」第02話。
もっくん、カワユス。

アニメ。 | 【2006-10-14(Sat) 16:21:24】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
読書の秋だから。
前回、ズラズラと読んだものを書いていきましたけど、後になって超うぜぇ、と気付きました。
ので、今回は隠す方向で。

自分が本をよく読む期間は常にスランプ状態の時です。
あああああああ、やること沢山あるのにアニメとか本とか見てる場合じゃねー。

“読書の秋だから。”の続きを読む>>
本。 | 【2006-10-12(Thu) 05:01:22】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
目が痛い。
●「RED GARDEN」第02話。 
前回の続きからで、死んだから怪物と戦えと突然言われた少女達がひたすら悲鳴をあげてまして、これまたひたすらうるさい。特にローズうるさい。いや、ウザイ。
で、二番目にうるさかったレイチェルが怪物に襲われている時に、突然覚醒。といっても、謎の脚力を発揮しただけなんですが、それに偶然が重なって怪物はトラックに轢かれてサヨナラ。
この戦闘シーンで唯一それなりに冷静になろうとしていたのはクレアだけでした。クレアかっけー。ケイトは主人公っぽいのに全然活躍しませんね。
そして、四人の少女は仮に生かされてるだけで怪物との戦闘は今後も続き、それを放棄するとあんた達は死にます、と脅され、

今回は四人で歌い始めましたよーーーーーッ。

それだけじゃなくて、何故か謎の組織の上司っぽい田中理恵さんまで脅したくせに歌い始めましたよーーーーーッ。

演技は一番格好いい沢城さんの唄が残念ながら一番拙いわけですが……。唄が流れている時は噴出してしまうので、歌詞を全く把握していないのですが、大事な言葉を歌っていたりするのだろうか。というか、唄は必要ですか、これ。 
とりあえず、第二話ではさほど話が動かず。敵が何者なのか、少女達の戦闘能力がどんなものかすら判りませんでした。夜だったからとはいえ、戦闘シーンで画面が暗すぎるのもちょっと気になる感じです。暗すぎると目が疲れますねん。

●「パンプキン・シザーズ」第02話。
金に困っている貧民に命をかけて戦車から逃げるゲームをさせている鬼畜な貴族に仕えるメイド達から手紙を受け取り、取り締まりに行くパンプキン・シザーズ。
バカ貴族のきーやんが笑える。この人、こういう役が似合うなぁ。
で、展開でいえば、第一話と同じなのですが、最後にオーランドを助けたように見せて逆に自分が助けられているというアリスが笑える。この人からはへたれ臭がします。

●「金色のコルダ ~Primo Passo~(http://www.gamecity.ne.jp/neoromance/tv/corda/」第01話。
なんか、絵が濃い。原作の絵に近いのは間違いないのだろうけど濃い。
あと、ヒロインの声がイメージしてたものと違うかなぁ。CDドラマのままのキャスティングなのだろうけど。高木礼子さんと言ったら、自分の中では「ドクロちゃん」のサクラくんとか、某ゲームの樹とかなのだけど、ああいう声してたんですね。 
んー、原作をある程度知ってるから続きは見なくてもいいかなぁ。柚木が本性出さないと普通の少女漫画だし。音楽をメインにしてる話だから漫画だと1ページで終わる演奏シーンが長そうで話の進みが遅くなるような気がするし。エンドロールに演奏者の名前が出るくらいだからなぁ。
原作は普通に読んでいたのだけど、ヒロインがイカサマしてるようにしか見えないという意見を目にしてからは自分もそんな風にしか見えなくなってしまいましたw

●「ときめきメモリアル Only Love」第02話。
きーやん3連発。
前回の話で足が速いことが証明された主人公が、やたらと部活勧誘されるお話。
陸上部の変態男が登場。口癖は「ときめき(はーと」。短距離勝負をするものの、自滅。次に、バタフライ女と水泳対決。が、巨乳を見られて自滅。何それ。その次に、熱血男と野球対決。第一話で助けてくれた超強いヒヨコに何故か特訓をされ、というか、いつの間にか会話出来るようになって、対決本番。デットボールで勝利って何それ。
つか、「桜井くんったら」が口癖なのか、このヒロインはー。毎回それで済ませるつもりかー。
で、冒頭に出てきていたバレー少女が最後に主人公とブツかって、運命の人ーとか言い出し、初デートはどこがいいやら、一緒に登下校しないととか抜かした挙句、恋人同士宣言。何この電波。

●「少年陰陽師(http://seimeinomago.net/web/anime/index5.html」第01話。
安倍晴明の孫の話らしいですが、もっくんカワイユス。
原作付のアニメは安心して見れますな。今後もあえて原作は読まずに視聴しようと思います。
OPは梶浦由記さん作曲と直ぐ判るような曲でしたけど。

アニメ。 | 【2006-10-11(Wed) 19:00:45】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
ひたすらアニメを見る日々。
●「護くんに女神の祝福を!(http://www.megadere.com/」第01話。 
原作を読んでいないので、どんな話なのか全く判らないまま視聴していたのですが。
何やら設定がよく判りません。この話がコメディということだけは判りましたけど。
千葉さんのキャラは雑魚キャラなのかと思いきや、第一話では思ったより喋ってました。カメラ小僧みたいな娘でしたけど。あと、能登さんのキャラの頭はどうなっているのやら。ドリルデルンルンクルルンルン。
それにしても、ツンデレヒロインがショタっぽい主人公に惚れるエピソードって、ただの一目惚れなのか……。それにしても、高橋美佳子さんはツンデレが似合うなぁ。
個人的には、安心して見れるタイプのアニメです。以前やってた「吉永さん家のガーゴイル」並に。

●「Kanon(http://www.bs-i.co.jp/anime/kanon/」第01話。
原作は、六年前くらいにネットの友達に強引に押し付けられてプレイした記憶があるのですが。貸してくれた彼は今何をしているのかな……。うぐぅ。
そして、内容を殆ど覚えていないわけですが。前回のアニメも見てませんし。うぐぅ。
で、今回は「ハルヒ」を作った京アニ製作ということで、超映像綺麗。キャラデザのいたる氏の絵をよくあそこまで再現したものだと感心。現在はもう絵柄が変わってるから、本人は複雑かもしれませんが……。
個人的には狐と女剣士と病人が好きだったので、どれくらい話に絡んでくるのか楽しみです。メインはあゆと名雪だろうし。がおー。

●「くじびきアンバランス(http://www.kujian.info/」第01話。
前回のモモーイOPが神過ぎて、今回のOPが爽やか過ぎるように聴こえる今日この頃。
時乃の設定が変わってますな。あの変な髪型じゃなくて、千尋の幼馴染になってましたけど、キノコヲタじゃなくなったのかな。
山田だけが声一緒なのかー。というか、もはや人間ではなくなりつつありますけど。あと、蓮子って書記候補だったのか。設定がかなり変わってるなぁ。
会長はやっぱり千葉さんの声で聴きたかったけど。小清水さんの低音声を聞くと「舞乙」のニナや「シムーン」のパラ様を思い出してしまって、へたれてしまうんじゃないかとハラハラします。
あと、「げんしけん」からの出張で次回予告に斑目さんと荻上さんが出てきたのには笑った。荻上さんが水橋さんというのは中々のベストキャスティング。

●「武装錬金(http://www.busourenkin.com/」第01話。
こちらも原作を読んでませんが。
キャストが豪華。でも、福山さんの声を聞くと「ホリック」を彷彿とさせる……。

●「xxxHOLiC」第22-24話。
というわけで、見るのを忘れていたので見ました。
22-23話は四月一日を消そうとした幽霊? の話でしたけど、23話のラストで、何か最終回っぽいなぁ、でもこの話で終わるの? とか思っていたら、24話は外伝でした……。
外伝は神隠しに遭った少年との話。川上とも子さんは本当に七色の声を持っているなぁ。あと、まさか四月一日の子供の頃の話で終わるとは……。
結局、ひまわりちゃんの正体は何だったんだろう。って、原作より先に明かされるわけないか。続編が作れるような終わり方はしてたけど、作られるのかなぁ。

●「貧乏姉妹物語」第10話。
心が汚れている私が見るのは辛かった、このアニメ。でも、最後まで見れた。頑張った。更に心が薄汚れた。どうしよう。
最終回はきょうの風邪があすに移る話でしたが。きょうがひたすら己の無力っぷりを嘆く話でちょっとげんなり……と思ったら、最低二階くらいある高さの病室に向かってたんぽぽを投げ渡すミラクルシーンで笑った。このアニメも「ストパニ」並に演出効果がおかしかった。
そういえば、八話だったか、あすの学校の音楽の先生が小坂明子さんでビックリした記憶が……。もしもーわたしーがーいえをーたてたならー。今はアニメ関係のお仕事もされているようです。

アニメ。 | 【2006-10-09(Mon) 01:33:16】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
おはようございます。
●「RED GARDEN (http://anime.excite.co.jp/redgarden/index.html」第01話。 
「ソルティレイディオ」の最終回に出てきたゴンゾのお偉いさんが企画しているこのアニメ。
「パンプキン~」と同じくらい期待していたのですが、OPが予想に反して爽やかでビックリ。話はさっぱり。まだまだ序章といった感じです。謎ものが好きな人にはたまらん系じゃないでしょうか。
でも、絵がかなり好き嫌いはっきりしそうです。アメコミ原作だった「ウィッチブレイド」よりもアメリカン。鼻が武器になりそうなくらい尖ってます。
先に台詞を撮ってから製作をするというこれまたアメリカンっぽい作りになっているので、口の動きとか動作とか超細かい。グラデーションの髪をどうやって作っているのだろう。セル塗り時代では無理だったでしょうね、あれ。
何より、沢城さんの演技が凄かった。この人、本当に二十一歳なのかな……。脱帽です。
あと、リーズという少女が森の中で死んでいたことが発覚後、悲しみにくれた主人公のケイトが泣きながら突然歌いだした時にはビックリするよりも何よりも噴きました。

え? そこで歌なの? みたいな。

んで、歌い終わったケイトの元に大量の蛾じゃなくて、蝶が発生。昨日の記憶がない他の三人も蝶に導かれ、四人が初めて集合。
そこに現れた胡散臭い田中理恵さんのキャラの口から四人は昨日死んだから丁度こっちに近づいている男殺しちゃいな、と妙な命令を受けて第一話終了。はて。
そういえば、サントラにKOKIAが参加してるとか何とかサイトに書いてましたけど、ちょっと前に何か揉めてたのは解消出来たんだろうか、KOKIAって。

どうでもいいけど、EDロールが黒背景に赤文字というのは非常に見難い。

●「夜明け前より瑠璃色な(http://www.tbs.co.jp/yoakena/」第01話。
あー、結局ゲームをやる前にアニメを見てしまうパターンに……。
冒頭でいきなり安っぽい宇宙戦争が始まりましたけど。
お月様のプリンセスがホームステイする話なので、そこらへんは深く考えなくていいんすかね。
生天目さんがED担当ということで、今までいくら主役になっても歌は他人に歌われていたのに、偉い出世しはりましたなぁ。でも、キャラ名義なんですなぁ。

●「ときめきメモリアル ~Only Love~(http://www.konami.jp/visual/tokimemo-anime/」第01話。
主人公(男 が猫耳つけて、大勢の男子生徒(それぞれ変なコスプレ に追いかけられている衝撃映像から始まりましたけど……。「ときメモ」ってそんな話なの……? 「一緒に帰る」を選択して「一緒に帰って、友達に噂とかされると恥ずかしいし」とかヒロインに言われる話じゃなかったNO?
で、先生役の椎名へきるさんが出てきた時点で噴いた。
その他にも変な科学教師とか三輪さんみたいな音楽教師とか太宰みたいな死にかけ教師とかガールズサイトから出張してきたみたいな男子生徒とか色々変なのが出てきてましたけど、このアニメは何を目指しているのだろう……。
ちなみに猫耳とかはアクセサリーなんですって。成績優秀とかの証明とかだそうで……。その設定本当に必要なのかな……。
んで、転校生である主人公が被った猫耳を奪うと、商品としてヒロイン雨宮さんのメアド贈呈、というイベントを生徒会がやっていたからずっと主人公が逃げていたらしいのだけど、本当に何その設定。もちろん、最後に拒否られてましたけど。一体、何がしたかったのだ。
しかし、音楽担当が溝口肇って、さすがコナミ……。「RED GARDEN」の千住明にも驚きましたけど……。

●「ひぐらしのなく頃に」第25-26話。
「罪滅し編」のラストまでやって、まだ何か続くような終わり方してましたけど。
知恵先生活躍してませんでしたね。わはー。でも、折笠さんってああいう声も出るのかー、と新発見。引き出し多いなぁ。
それにしても、最後の格闘シーンは絵が崩れすぎじゃ……。DVDで修正が入るのかな……。
結局、このアニメってゲームの宣伝でしかなかったのでは。最後まで謎が明らかにならないし、丁度いいタイミングでゲームの方は完結したし。PS2でどこまでそのままやれるのかは謎ですけど。 
アニメでよかったところといえば、やはり声優さんの演技力ですかね。あとは、それぞれのキャラの怖い表情。逆にイマイチだったのは端折り過ぎたシナリオですか。って、ダメじゃん。

アニメ。 | 【2006-10-06(Fri) 05:38:57】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
ラジオ地獄。
●音泉etc.が一向に元に戻らない。
何やら鯖がクラッシュしているようで、ウェブラジオが聞けませぬ。
うたわれ地獄恐ろしや。と思ったら、他のラジオとかも攻撃を受けているようで。

●しょこたん大暴れ。
http://www.youtube.com/watch?v=3R3vsMxhzus

和田アキコ相手に凄いwwwww
やたらとブログでハルヒダンスを踊っていたのは、この番組があったからなのかな。
あと、フェイドアウトする零号機で笑った。

ラジオ。 | 【2006-10-05(Thu) 18:23:01】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
新番組が始まってますよ。
●「ゴーストハント(http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/ghosthunt/」第01話。
原作:小野不由美、漫画:いなだ詩穂のゴーストハントですが。白泉社時代に何もいいことがなかった(単行本未収録作品が二冊分くらいありそうな いなだ詩穂さんがこういった形で現在活躍されているのは何とも感慨深い。
漫画の方は7巻くらいまで読んだような。今は連載なしで単行本発売ということでペースが遅く、どこまで読んだのか記憶が曖昧ですけど。
で、アニメの方ですが、嫌われ者の黒田を沢城さんがやっていることに驚き。沢城さんなら麻衣役でも合いそうなのだけど。名塚さんはわりと頑張っていたような気がします。でも、やっぱり全体的に声に違和感が。イメージしてたものと違うというか。
演出もちょっと……。コメディっぽいシーンが浮いてます、漫画より。OPとEDに歌がないというのはよかったですけど。

●「パンプキン・シザーズ(http://rikujyo3ka.com/」第01話。 
個人的に注目していたアニメ。原作は読んでませんが。
で、見たところ、面白い。当たり。今後もこのクオリティで頑張ってもらいたいです。
伊藤静さんも変に声を作ってないので安心して見れます。彼女の声は自然なものが一番好きなので。
でも、なんでEDが植田さんなんでしょうね。

●「ネギま!?(http://www.negima.ne.jp/」第01話。
「スパイダーライダーズ」が打ち切りになってしまったということで、「ネギま!?」が始まったわけですけど、夕方から「童話迷宮」のCMやら、野中さんのCMやらを見ると変な感じがします。
今回は「ぱにぽに」のスタッフが作るということで、原作や前回の「ネギま」を見てない人間としては、一番幸せな鑑賞が出来るかなとw
で、案の定黒板ネタ登場。「うおっ! まぶしっ!」が早速出てきてて笑いました。BGMも「ぱにぽに」を彷彿とさせますし。ネギ先生が泣き虫とかで、ベッキーの代わりにしか見えませんでしたけど。
問題なのはキャラが多いので誰が何やら……。同じような顔ばかりだし。唯一判ったのは能登さんのキャラだけw あの声は本当にもう個性的としかw
あえてやっているのでしょうけど、コントラストキツイです、このアニメ。

●「らぶドル ~Lovely Idol~(http://avexmovie.jp/lineup/lovedol/」第01話。
いきなりアイドル六人組のステージが始まり、歌いだします。超なげぇ。地味にダンスがズレてたりする細かさがどうでもよく思えるくらい、一番分を歌いきってしまいました。超なげぇ。
やっと終わったと思ったら、今度は違う六人組が歌い始めました。超なげぇ。また一番分を歌いきってしまいました。超なげぇ。というか、10分くらいかけてやるようなことか、これ。
そして、メインどころっぽいボクっ子がヲタに向かって感謝の言葉を口にしつつ、涙。その場で追加メンバー発表をする段取りだったようで、三期の新メン四人がスタンバイをし始めたところでボクっ子が延期を発表。マネージャ、新メン呆然。視聴者置いてけぼり。
マネージャー共々力不足だったとかで、どうやら社長命令だったようです。ボクっ子の暴走だったら面白かったのに。
で、新メン四人は自主的にレッスン開始。レオタードて。しかも、それぞれやってることがバラバラ。
新メンに何が足りていないのかを考え込んでいたマネージャーは、街で弾き語りをしている少女を発見。でっかいリボンつけた弾き語り少女って凄いな。そして、マネージャーはそのままリボン少女をストーキングし、頃合いを見計らって、スカウトして失敗。リボン少女が「歌嫌い&歌うのは復讐の為」というかなり逝っちゃってることを吐いて第一話終了。何これ。
「ネギま!?」以上にキャラの見分けがつかない上に、誰一人キャラが立ってないというミラクルアニメ。前回のクールで声優アニメ「ラブゲッCHU」を途中で切ってしまったのだけど、このアニメもそんな感じになるかも。もしくは違う意味で確変を起こして「ストパニ」二号になるかも。

アニメ。 | 【2006-10-04(Wed) 19:18:53】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
修羅ってます。
●中国にて、魂を抜かれたセイバー。
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/811575.html

あえて言おう。これは欲しいwwwww

ここ数日、「げんしけん」と「くじびきアンバランス」を全話見まして、その後に、

B000F6WSJ0舞-HiME 運命の系統樹 修羅
サーカス 2006-06-30

by G-Tools

これを始めました。
なつき→舞衣→ミコトの順番で解いていったのですが、このゲームは台詞と表情があってないのがデフォ。

moee
「ったく、ウザイんだよ」

吐き捨てるように言っているのにこの顔。
ずっとこの調子なので、萌え絵で罵られても怖くありません。表情の種類が少ないゲームでした。
演出やシナリオがよく出来ているぶん、勿体無いです。
で、まだ三人しか解いてませんが、

なつき→デュランの奇跡
舞衣→星屑涙
ミコト→シマシマ団に加入

といった話でした。中々面白いです。名前しか出てこないHiMEとかもいますけどNE。
アニメよりも判りやすいというか、ちゃんとしたシナリオになっているというか、「アカイイト」をやった人には馴染みやすい感じです。古事記とかが出てくるので。
まぁ、チャイルドやらそれらは元々そういうのを元ネタにしていると言われていたので、なるほど、と改めて思いました。

あと、朔夜ルートまだやってないのに、既に朔夜ウザすぎwwwww

恐らく、まきまきの代わりにいるゲームのオリキャラなんでしょうけど、超うぜぇです。日常シーンで常に絡んでくるからマジうぜぇです。さすが松来さん。こういうキャラをやらせると上手いです。
ちなみに音響監督はみやむーでした。何故かアリッサとタクミがロリキャラになってますけど、これはこれでアリだな、と思いましたですよ。
逆に、納得出来なかったところは舞衣は巨乳という設定なのに、どう見ても会長や碧ちゃんの方がデカかったことですか。舞衣が標準にしか見えません。残念。

では、ネタバレがあるのでちょいと隠します。

“修羅ってます。”の続きを読む>>
ゲーム。 | 【2006-10-04(Wed) 00:46:07】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。