プロフィール

有明。

Author:有明。
見たアニメの感想などを適当に書き散らす雑記。

●参加サイト。
trillionbird

●推しCD。
Shiny+
寿美菜子
B003TIB068

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
飲み過ぎて胃がキモイ。
●「パンプキン・シザーズ」第11-13話。  
11と12はオリジナルストーリーだったのかな。それはともあれ。
13で幼女姫キター。個人的な予想では釘宮さんあたりかな、と思っていたら斉藤千和さんでした。なるほど納得。
漫画をパラ見していたので、ちょっと話が駆け足かな、と思いつつ、ツンデレ姫萌え。マーチスはロリになればいいと思うよ。

●「乙女はお姉さまに恋してる」第12話。
最終回。
生徒会長である貴子に男であることがバレた瑞穂が学園を去ることを覚悟してエルダーとしてのダンスパーティーに挑むという流れで。
貴子が悩んでいるところで暗躍するまりや。何気に株をあげました。ますみん長台詞おめでとう。
結局、誰かとひっつくという流れにはならず、最後まで瑞穂のハーレム状態で終わりました。続き物をするにも最後のカットで卒業証書をもらった絵が出ていたので無理でしょうね。チッ。
しかし、最後まで紫苑さんが恋愛関係に発展しなかったのは意外でした。キャスト表の二番目に位置している人がモブ化って珍しいような。
とりあえず、ウェブラジオはまだまだ続いてもらいたいものです。アーメン。

●「Kanon」第12話。
パーティーで舞が大暴れする話。
あと、栞の話もちょこっと進展してましたけど。なんというか、初心者なのに舞も主人公もダンス巧すぎw よく動くあたりはさすが京アニと思ったけどw

●「ネギま!?」第11-13話。
ちょっと最近絵が崩れ過ぎのような……。
しかし、ナチャーンは絵が巧いなぁ。
そういえば、13からOPが変わってましたけど。まさか皆川さんのソロとは。作画の方は手抜きすぎなんじゃないの、とか思いましたけどw

●「護くんに女神の祝福を!」第12話。
護と絢子のファーストキスで話が終わるのかと思っていたら、次回もまだあるようです。このアニメは何話あるんだろう。

●「あさっての方向。」第12話。
最終回。
いつの間にかテツのことが好きになっていったからだ。その二人が和解して、椒子と兄も和解。というわけで、丸く収まりました。
で、アニメオリジナルキャラクターの琴美が恐らく父からもらってずっと持ち歩いていた願い石の欠片を椒子に渡して、からだと椒子は元の姿に戻れました。琴美は大事な子。幼い頃から友達作りが下手だった椒子にとっての初めての友達でもあったし。
何というか、6話くらいで収まりそうな話を1クール丁寧に描いたアニメだったのでまったりと安心して見れました。絵も安定していたし。

●「コードギアス 反逆のルルーシュ」第11話。
CCとルルのツンデレ合戦。
CCの過去が若干ながらも初めて浮き彫りになった話でしたけど。結局、視聴者には本当の名前が判らずじまい。水音のぴちょんで邪魔されまくってましたけど、本名はぴちょんさんですかね。
それにしても、サンライズ系のアニメで千葉さんは名前をそのまま使われすぎw 長生きすればいいなぁ、千葉w
あと、オレンジはちょっと引っ張りすぎなんじゃないかなぁ、と思いました。視聴者のお気に入りキャラとはいえども、スタッフの狙いみたいなのがあからさますぎるのもちょっと興醒めかなぁ、と。

スポンサーサイト
アニメ。 | 【2006-12-28(Thu) 02:48:25】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
雹降ってた。
●「地獄少女 二籠」第10話。 
映画監督志望の男の話。
あいたんが「骨女にも骨休めが必要よ」というダジャレを言って真っ赤に照れる、というか黙って逆切れするという変わったシチュエーションから話が始まってましたけど。
千葉繁さんの声を久しぶりに聞いたなー。今回はダメ男を演じる千葉さんに惚れる女達として、渡辺明乃さん、甲斐田裕子さん、望月久代さんが登場。
ダメ男に愛想をつかして女達の誰かが復讐するかのように見せて、車を当て逃げされた男の復讐だったというオチの話だったわけで、うーん……。
今回の復讐シーンは映画ちっくというか、昭和初期のフィルム映画っぽいというか、最後のあいたんの決り文句もモノクロ字幕という初の声なしになってました。そこだけ良かった。
あと、街中の大画面テレビにSNoWたんの実写PV(前回のOP が映っていたのにはビックリ。芸が細かいなー。っていうか、どうせなら今回のPV流せばいいのに。変なウサギ出てくるけど。
http://playlog.jp/SNoWblog/blog/
↑能登さんのサインって読めないんすね。

そういえば、今回は骨女がメインの話でもあったのだけど、女達とせっかく仲良くなったのにダメ男を地獄に流した後は彼女達の記憶から骨女の存在は綺麗さっぱり消えているというのがちょっと切なかったですよよよ。

●「乙女はお姉さまに恋してる」第11話。
まりやが風邪を引いて、その看護イベント発生。わざわざ全裸にしてタオルで身体を拭いてあげる瑞穂。この人、本当に男なのか。平然と乳も触ってましたよ。
で、結局まりやは幼馴染として今までと同じ距離感を保つことで自己完結しちゃったっぽいのだけど。
えええええー。超つまんねー。残りのヒロイン候補は貴子だけかよー。何度も言うけど、瑞穂が誰かと引っ付きそうな予感が未だにしないんだぜ。
最後に不審者に襲われた貴子を庇って胸元をナイフで切られ、男だとバレたところで次回へ。パッドがあったから無傷だったんだね!

●「奏光のストレイン」第08話。
エミリィ人形、星のゴミ処理場へ→ラヴィニアからロッティ達へ泣きの救助連絡→買い物を楽しんでいた全員召集される→今いる星はカリスの故郷だったらしい→お偉いさんになっていた弟の手を借りるカリス→エミリィ人形捜索は弟に任せることに→助けを求めないセーラに激怒するジェッシィ→カリスとセーラは食事休憩という名のデートに→動くエミリィと遭遇→一方その頃メルチは軍の施設から離れ、単独でセーラのことを調べ始める→迷子としてエミリィと一緒に行動するセーラ達→カリス、エミリィ人形の服を用意してセーラを口説く→いい雰囲気になったところで邪魔が入る→エミリィ人形から何らかの波動を感じたエミリィがセーラをつれて自由行動に→カリス放置→そこで緊急帰還命令→戦力を減らすわけにはいかないのでロッティ一人でセーラを探すことに→が、ラヴィニアが勝手にロッティの後を追う→エミリィがセーラをつれてきたのはゴミの山→見事エミリィ人形ゲット→エミリィ何故か人形とシンクロ→私はエミリィ→セーラの本当の名前も知っています→メルチも知ってしまいました→偵察隊はロッティがいないのでジェッシィが指示を出すことに→セーラのことが心配なカリスはジェッシィを無視して勝手に行動→人形と一心同体的なことをペラペラ話すエミリィはセーラ大好き、兄も大好き→そこで兄登場→セーラは第一話で兄が研究所から盗み出していた少女=エミリィを思い出します→兄はセーラのことを覚えていました→やりたいことがあるとか邪魔するなとか自分の言いたいことだけを言って兄はエミリィと共に去ります→待ってよ兄さーん→ロッティがその言葉を聞いてしまいます→兄がストレインに乗って戻ろうとしたところでカリス巻き添え串刺し→ディコンとぶつかり爆発→ディコンは気絶、カリス多分死亡→ジェッシィ呆然→ラヴィニアがエミリィ人形を確保→ロッティ般若に変身

第一話でもそうでしたけど、セーラに片思いすると必ず死亡フラグが立ちます。すげぇ。
このアニメ超面白い。個人的に今期のNO.1かも。2クールやってくんないかなー。

●「コードギアス 反逆のルルーシュ」第10話。
オレンジ見事な散りっぷりw 「ほげ」とか言いながら去って行ったよw
ロボは爆破してもコックピットは脱出していたので生きているんでしょうけど、脳障害とか酷いことになってそうだ。
で、今回の戦闘ではまだスザクが地味なのだけど、次回あたりまた邪魔してくるんだろうなぁ。
しかし、このアニメ本当に26話で終わるんかいな。

●「あさっての方向。」第11話。
テツ風邪回復。そして、ついにからだが告白。聞いた話を琴美に相談するテツ。それを立ち聞きする元先生。
まぁ、簡単に誰も信じてくれないわけですが。
からだから泣きの電話を貰った椒子は話の節々からヒントを得て居場所をゲット。そして、ようやくからだを探す決心をした兄と一緒に迎えに行くことに。
そういえば、一巻をパラ見したら設定が全然違っててビックリしました。兄なんてアニメより明るいし。

●「護くんに女神の祝福を!」第11話。
兄から絢子と護を引き離せという指令を受けたエメレンツィア。
何としても期末テストでいい点を取りたいという護を手伝うという体で間違ったやり方のラブラブアタック開始。
真田さんが「にょ」とか言ってましたけど、何でもアリか、このアニメは。
次回予告でやっと千葉さん登場。アイスクリームというネタを出してきたのはGJ。

●「Kanon」第11話。
ピロが戻ってきました。って、あれ? 前回、一度いなくなって丘に放置された真琴の傍に舞い戻ってたのに……。ピロも放置したんですか。
で、話は舞ルートへ。あゆも一緒に住むことになりました。あゆと並ぶと名雪がお姉さんに見えるマジック。というか、あゆが小さ過ぎるのかな。

●「RED GARDEN」第11話。
のっけから姉と恋人ののろけ話を聞かされているケイト。学校を欠席していたことがグレース内で問題に。焦るグレースのトップ、ポーラ。
ボーイフレンドと気まずい雰囲気になっているクレア。レイチェルも恋人と似たような状態に。先生とのことを一方的に疑われ、大喧嘩。どうやらチームレイチェルの中に恋人を狙っている女がいる模様。
グレイスの懲罰委員会とやらも欠席するケイト。グレイスを辞める決心をしているケイトに対して、グレイスを辞めると大学の推薦やら進路が全て台無しになるから、という理由だけでは絶対ないと思いますが、ポーラが庇って委員会の意味がない結果に。こうして反感を抱かれていくわけですね、ケイト。
クレアはまだバイト探し中。結局、見つからず、元のバイト先に出戻り。見事なツンデレっぷりを発揮する店長とクレア。最後には和解。店長いい人だよ店長。
で、自分に冷たいエルヴェに戸惑うリーズ。そんなエルヴェはケイトの姉の恋人と友達だったようで、ケイトのことを話します。自分達の敵でアニオスだ、と。アニオスって何。そんな風に呼ばれてんのか。
一方その頃、ローズ。父親探しに着手。でも、全く進んでません。
元の二人の関係に戻ろうと必死な彼氏に何も言えないレイチェル。というか、この男うぜぇな。チームレイチェルの女とひっついちゃえよ。
そして、夜は三人で男をボコボコに。ローズはやっぱり置物状態。
後日、ケイトの親と姉の恋人が仲良く外食しているところにエルヴェが割り込んできて今回は終了。折角、愛を選んだのにー。可哀想な恋人ー。絶対、覚醒しちゃうんだろうなー。

アニメ。 | 【2006-12-17(Sun) 20:45:54】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
天気悪し。
●「キミキス」関連。
ゲームの方は、シミュレーションゲームが苦手なので、やってませんけど。
音泉でやっているラジオで二見さんのドラマが始まってます。二見萌え。ゲームしてないけど萌え。主人公へたれすぎ。
そして、ヤングアニマル版「キミキス」完結。
摩央ねーちゃん編が終わって、次からヒロインが交代されるそうで。
摩央ねーちゃんのメガネ話はちょっと酷いと思った、主人公が。幼い頃の話だけど、女の子にあんなこと言ったらダメですよ。
それでも、ずっと好きだったっつー摩央ねーちゃんもちょっと変わり者のような。普通、トラウマになりますわな。コミックスは二月発売だそうです。

アニメ感想が無駄に長いので隠しますね。

“天気悪し。”の続きを読む>>
アニメ。 | 【2006-12-13(Wed) 03:23:53】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
続腸痛い。
●「地獄少女 二籠」第09話。
今回は妹が兄を恨んでいる話。妹が神田朱未さんで兄が森久保祥太郎さん。
初っ端から、恋人に別れ話を持ちかけられ、あっさり受け止める妹。そこであいたんと一目連が話を聞くことに。
恋人に振られるのはいつものこと、これは兄の所為、と言う妹。契約内容を聞いても、自分は天国にはいけない人間だから構わないと言います。この意味が最後まで判らなかったのだけど。
二人暮しをしている兄妹。売れっ子モデルをしている兄は家事までやっているようで、表面的には二人仲良しに見えますが、お互いに一物持っている感じ。
恋人と別れたばかりの妹は速攻で他の男に目をつけられます。兄が売れっ子モデルということで、妹もモテるというわけか。
兄は女装をして、その男に近づくはず、という妹の予想は見事に当たり、男がバイトをしているカラオケ屋へ着飾って登場。いくら美女に変身しようとも、声がキモイw
見事に男をホテルに連れ込んだ兄を見届けた一目連は妹に同情。そして、朝帰りした兄は洗面所で朝シャンしていた妹とバッタリ。ん? ブラ姿で朝シャン? 今時?
で、兄にお持ち帰りされた男に速攻で振られる妹。ホテルで一体どんなプレイをw
そして、女装グッズを見つけた妹はそれを着て兄を責めます。兄は撮影用の服だと言い訳しますが、そんなものが通用するわけなく、更に責められることに。
兄の本性は女性で、自分より劣る妹に男が出来るのが許せなくていつも自分から男を奪う、と妹は分析していたようですが、実際は近親相姦。生まれる前から好きだった、これは運命だ、と言い始めた兄、本気なんだろうけど、超怖いw
そのまま兄は妹を押し倒しますが、蹴りを喰らって吹っ飛びました。兄超弱ぇ。傷ついた兄は女装をして街を徘徊。っていうか、なんで女装して徘徊するのか。
もうこのままではダメだと思った妹は藁人形の紐を解きます。これは一体どういう憎しみなのか。今回は骨女が藁人形。どおりで全く見かけないと思った。
というわけで、復讐開始。街でかっさらった男とホテルに入ったものの、一目連と輪入道が素の姿で接近。そして、鏡に変形する輪入道。その鏡で己の姿を見た兄は女装姿から何故か男の姿に戻り、更にまっぱにw
地獄行きになっても、もう妹を傷つけずに済むと安堵している兄。いなくなった兄のクローゼットを開けると女用の服が満載。それを見て色んな意味で涙する妹。大好きだった兄を追うような言葉を口にして今回は終わり。
妹は兄に恋愛感情を持っていないだけで、兄としては好きだったということかね。それとも、本当は兄のことを好きだったのかね。うーん、何だか、ちょっと感情が読みにくかったというか。

●「乙女はお姉さまに恋してる」第09話。
ついにまりやが立ったー。……のか?
瑞穂のことを意識するようになったまりやと、瑞穂と学園祭の舞台でロミオとジュリエットをすることになった貴子との対決で、今回は終わってしまいましたよ。超いいところで!
それにしても、紫苑さんはモブ化したままなんですけど。瑞穂と貴子のキスシーンを見ても顔色一つ変えないし。この人のフラグはいつ立つのか。
個人的にはまりや推しなのですが、この人とハッピーエンドになるとは思えないんだよなぁ。って、瑞穂が誰を好きなのか未だに判らないし。

●「くじびきアンバランス」第09話。
変な宇宙人登場。これは前期のプール対決に出てた宇宙人! というか、二話くらい前に、小雪に宇宙船壊された奴らかw
しかし、「kanon」といい、アニメに出てくる少女漫画のカバーが花とゆめコミックスなのは何故だ。
山田大暴走の回ということで、後藤さん大活躍w 「おとぼく」ラジオのノリに近いものがありましたw
宇宙人の最後も凄かった。今回の脚本は水島監督ということでなるほど納得w

●「あさっての方向。」第09-10話。
いつの間にかペンションでバイトを始めた佐藤さん……じゃなくて、からだ。
そのからだを探し続けるテツを捕まえた琴美は町で一緒にビラ配りをすることに。
身動きが取れない椒子はからだから電話を貰い、必死になって説得しようとしますが、からだは一方的に自分は大丈夫と電話を切ってしまいます。
からだが出て行った理由が思い当たらない椒子はからだが本当のことを知っていたのではないかという疑問を兄にぶつけます。あの子がいなくなって淋しいの、と激怒する椒子カワイス。
結局、ビラ配りが無駄に終わり、家に帰らないと言い張るテツを見かねて、琴美は当初行くはずだった先生の下へ一緒に連れて行くことに。そこで、佐藤さん……じゃなくて、からだと再会。
からだのことを気付かないテツはペンションの近くでもからだ探し開始。そこで散歩中に会ったからだに偶然告白。テツいい奴なんだけどまだ本当のことを喋ってもらえない可哀想な奴。
一方その頃、兄と自分を繋いでいたからだがいなくなったことで、三人暮らしをしていたアパートにいる意味を失った椒子は出て行ってしまいました。兄が動かないからじれったい。椒子のことももう吹っ切ってるのかどうかよく判らないし。
で、雨の中もからだ探しをしていたテツは熱で寝込んでしまいましたとさ。テツは今もいい奴だけど、大人になると更にいい男になりそうだ。

●「パンプキン・シザーズ」第09-10話。
オレルドとマーチス・三課の過去話をそれぞれに。
一話完結のものばかりか、ちょっと話にボリュームがないというか。

●「護くんに女神の祝福を!」第09話。
しむらーうしろうしろー。小ネタが「ぱにぽに」化してるようなw

●「ネギま!?」第10話。
今回ちょっと微妙。

●「Kanon」第10話。
ついに真琴ルートED。そういや、あれって丘で放置されたままなのかなw
ゲームだと余韻があっていいのだけど、アニメだと一本で繋がってるから放置にしか見えないような。
で、最近本当に放置されていたあゆとかは次回からまた絡んでくるようで。次のメインは舞みたいですけど。しかし、2クールとはいえ、これだけ真琴に尺使って大丈夫なのかな。

アニメ。 | 【2006-12-09(Sat) 19:49:34】 | Trackback:(1) | Comments:(0)
腸痛い。
本を読む時間もなくなる12月。

“腸痛い。”の続きを読む>>
本。 | 【2006-12-08(Fri) 19:54:35】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
薔薇は薔薇は。
●「CR野薔薇物語」
http://www.sponichi.co.jp/pachi/machine/pachi/264/p1_3878/01.html
http://pachinkoslottenntyo.blog41.fc2.com/blog-entry-240.html

萌え系パチンコ……。 
果てしなく、打つのが恥ずかしいwww

個人的な好みですけど、のばらは後藤さんにやってもらいたかったなぁ。
って、大当たり中は野川さんの唄!w

すげぇ……。男の入浴シーンがプレミア全回転って何それwwwww

色んな意味で打ってみたい。恥ずかしいけど。
でも、「ツインエンジェル」みたいに近場じゃ設置してくれないんだろうなぁ。

ゲーム。 | 【2006-12-07(Thu) 01:40:30】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
超寒い。
●「地獄少女 二籠」第07話。
雨の中、峠を二輪で疾走していた兄は急カーブでスリップして地蔵に激突。そのまま帰らぬ人に。
兄を溺愛していた為、誰よりも深く嘆き哀しむ母。毎晩、事故があった時間に現場に行く母を見て、父はちょっとついていけない様子。そして、兄の部屋から藁人形を発見した主人公恵美はあいたんと遭遇。契約は結ばれていないものの、兄が誰を地獄に送ろうとしていたかは理解している恵美。
いつまで経っても兄のことを嘆いている母は、以前から道路整備に問題を抱えていた市を訴え始めました。お祭り好きのテレビ局などもかなり母を持ち上げ、その効果があったのか、道路整備が決定。
がしかし、兄の事故は道路の所為じゃない、と言わんばかりの態度を取られ、ますますおかしくなる母。まぁ、実際に自分で勝手にスリップして事故ったのですが。
んで、市長は他にも問題を抱えていたようで、兄の事故のことを取り上げるテレビ局もなくなってしまいました。そこで、兄の本を出さないかという誘いにまんまと乗り、500万くらいの大金を用意しつつ、事故現場の地蔵の頭をいつの間にか自分の手元に置いていた母はそれを頬でスリスリ。今まで主人公と一緒に耐えていた父も酔っ払って自暴自棄に。二人のその姿を見て絶望する恵美。
今まで自分のことを全く誉めず、兄にだけ夢中だった母。その母を誰よりも憎んでいた兄。ずっと耐えていたものが一気に壊れ、恵美はついに自ら藁人形の紐を解いてしまいます。
それでも、兄に会えるー! と大喜びの母。この人は最後まで壊れてました。地獄行きを喜んでた人って初めて見たような。
そして、消えた母を捜しにいった父に対し、皆揃ってるのに、とテーブルの上に並べた写真を見て笑う恵美。この人まで最後に壊れてしまいました。

って、復讐シーンがないーーーーーッ!

●「地獄少女 二籠」第08話。
体育教師として大活躍している骨女。あいたんも生徒として学園に侵入。きちんと学園用の制服を着てます。何だか、「なかよし」版の設定みたいです。
この学校には嫌われ者の女教師馬場先生がいて、早速野々原さんが校則違反として叱られます。これが門脇舞さん。
その野々原さんの元へ地獄通信の案内メールがやってきます。が、いくら名前を入力しても恨みが足りないという表示のエラー。ムキになって何度もチャレンジする野々原さん。おかしいって気付けよw
当たり前ですが、これは偽地獄通信。地獄に送られる側にいつも表示されるのは馬場先生の名前。で、偽地獄通信の利用者が学校で張り出され問題に。そこで濡れ衣を着せられる羽目になったのが伊神さんこと木村まどかたん(笑)
パソコンに詳しく、馬場先生を嫌っているという動機もあるということで、見事なまでに容疑者になってしまい、自宅謹慎に。そんな伊神さんに嘆く栗山先生。が、これは表の姿。早速、その晩、偽地獄通信は見せしめの為に馬場先生が作った罠、ということを吹き込む栗山先生。全部この人が仕組んだものだったわけです。
伊神さんに地獄通信のアドレスを教えるから学校に来るよう呼び出すと、そこに登場したのはあいたん。驚く栗山先生。
なんと、栗山先生は地獄通信アクセス経験者。馬場先生の教え子で9年前の当時かなりキツク指導されたらしく、高校に落ちたのも親が離婚したのも全部馬場先生のせいだから、とかなり恨みを抱き、それでも自分が地獄に落ちることを拒んだ為に契約不履行。
結局、新聞に投書を送って嫌がらせをし、馬場先生も離婚に追い込んだものの、ケロっとしているように見える馬場先生に対して憎しみを減らすことが出来ず、どうしても馬場先生を地獄に送りたかった栗山先生は自分の手を汚さず、生徒を利用しようとしていたようで。
で、全てを悟った馬場先生は、教師としてやってはいけないことをした栗山先生の名前をその場で地獄通信に書き込み、契約成立。それでも、出来るだけ苦しまないようにしてあげて欲しい、と嘆く馬場先生が泣かせる。
その後、骨女の代わりにやってきた先生も馬場先生の教え子。これが阪本佳代さん。この人も当時は噛み付いていた生徒だったようですが、今ではそれが愛の鞭だったと理解しているいい人で、馬場先生もそれを知って嬉しそう。今回はちょっと救われる話でした。

って、やっぱり復讐シーンないよーーーーーッ!

●「ネギま!?」第09話。
魔法の修行話?
モツとシチミがでてくるだけで私のテンションは上がりますが、原作ヲタの人には不評なんだろうなぁ。刹那なんておかしい人にしか見えないしw
ちわ画伯と沢城画伯の絵が出てきましたけど、ちわ画伯珍しく不発。が、沢城画伯が牙を向いたw

●「護くんに女神の祝福を!」第08話。
ドタバタ温泉話。やっぱりコメディメインの方が面白い気がします。

●「おとぎ銃士赤ずきん」第19、20、22話。
飛ばし飛ばしで見ていたら、いつの間にか赤ずきん一人だけがパワーアップしてました。

アニメ。 | 【2006-12-02(Sat) 19:59:14】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。