プロフィール

有明。

Author:有明。
見たアニメの感想などを適当に書き散らす雑記。

●参加サイト。
trillionbird

●推しCD。
Shiny+
寿美菜子
B003TIB068

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
超長い。
●「大魔法峠」第03-04話。
http://broadband.biglobe.ne.jp/index_anime.html
視聴出来るのは23日までです。お早めに。

三話はテストのお話ということで、Sなゲソ美先生登場。千葉さんwwwww
「舞乙」のへたれ系の声ですねゲソ。姉御をシバき倒すゲソ。川澄さんをシバき倒す千葉さん。つか、姐御よえぇぇぇぇぇ。
思ったほど、ゲソの個性が弱くてガッカリ。もうちょっと派手に暴れまわるキャラだと思っていたのに。
あと、前回のヤラレ役だった能登さんがクラスメートとして当たり前のようにいてビックリ。一回きりのキャラだと思ってました。
四話は姐御の初恋話。シュシュポポピーピーで噴いた。
が、これは……頭文字Dのパロ?
うーん、やっぱり個人的には「ドクロちゃん」の方が好きです。

●「地獄少女 二籠」第02話。
OPかっけー。SNoWたん、やっぱいいっすね。独特のけだるい疾走感、って地獄少女サイトには紹介されてますけど、それ誉め言葉だろうか。
冒頭の辺りで、池に落ちたゴムボールを拾おうとしてドボンするあいたん。ドジっ子!
行方不明になった妹を探している姉が今回の主人公で桑島さんでした。って、この人こんな声だったっけ。「ナデシコ」と「シムーン」くらいしか知らないからよく判らないのだけど。
で、姉は幻聴に悩まされていて、妹の部屋に入ると突然PCが起動。召還されるあいたん。が、本人の意思じゃないことを察し、スルー。どうやら妹の意識が姉の身体を使って地獄通信へアクセスしたようで。
この妹は既に殺されているらしく、犯された挙句に湖の底に沈められているわけですが、そんなことを家族が知るわけもなく。何となく、妹が死んでいることに気付いた姉は家族にビラ配りは無駄と告げますが、逆に咎められる始末。可哀想。どちらも可哀想。
行方不明になる直前に姉妹喧嘩をしていたことを深く後悔している姉。自ら地獄通信にアクセスしますが、恨みとはまた違うのでアクセス出来ず。それでも、妹の意識が伝わるようになり、ようやく全てを飲み込み、地獄通信にもアクセス出来るようになりました。
そして、今回の藁人形は一目連。
契約者は地獄行きというのを知り、何故妹が自分に契約させようとしていたのかを知る姉。ということは、憎まれていたのか。姉妹喧嘩さえせずに一人で帰ることにならなかったら死なずに済んだと憎んでいたのか。それって逆恨みっぽいけどなぁ。
で、復讐開始。最初は車ごと湖に落とし、その次は輪入道が扮した水車に飲み込まれw そして、最後は何故か能wwwww あいたん、能の口調でいつもの台詞をwwwww

輪入道、一目連、骨女の掛け声「ぃよーう(=゚ω゚)ノ」で噴いたwwwww

そして、犯人水ぶくれの刑。人間水風船になって、最後には破裂しました。すげぇ。股間から水が噴出したらどうしようかと思った。
結局、復讐が終わっても家族は行方不明のビラを配り続けるわけですが、姉だけは清々しそう。って、それでいいのか。両親は救われていないのに。
何やら一目連にも女性絡みの過去があるようで、今回の依頼人を一番気にしてましたけど。多分、他の二人にも何らかの過去があるんでしょうな。
そういえば、復讐シーンで、まさか、と思ったのですが、今回の脚本は第一期で一番爆笑した第7話「ひびわれた仮面」の人でした。歌舞伎と来て、能かwwwww

「ひびわれた仮面」と同じ脚本の人が担当した第10話の「トモダチ」も契約を美味く使った話でしたけど、復讐されていなくなった人間の傍にいた人間が依頼人になって、最初の依頼人に復讐しようとするループ話とかあってもよさそうですな。

●「パンプキン・シザーズ」第03話。
絵が崩れ気味。
今回はトンネル掘りと、貴族と飢えの話。
半日飯を抜いただけで倒れるアリス。へたれ過ぎるwwwww

●「あさっての方向。」 第02話。
椒子は小さくなってそばかす出現。ただでさえメガネなのにそばかす! まるでモブキャラのよう!
身体が大人になってしまったからだはショックを受けまくっているのに、案外冷静な子供になった椒子スゴス。からだが家に戻ってこないことを心配して電話をかけてきた兄をシャットアウトする様もスゴス。まぁ、確かに説明のしようがないでしょうけど。
で、最後に兄が二人を見つけるのですが、姿形が変わっているので気付かず、更に凹むからだ。ちょっとウザイです。諦めが入っている椒子の方がまだいいや。
あと、今回の作画監督は長谷川眞也さん。「エヴァ」とか「ウテナ」とかも、この人でしたね、確か。って、キャラデザの人も「セラムン」の人かー。音楽担当も「ウテナ」だしー。

●「ネギま!?」第02話。
今回もMUSASHIネタ多し。
そして、やっぱりキャラが覚えられないです。

●「乙女はお姉さまに恋してる」第02話。
早速、紫苑さんに男だとバレましたけど。
紫苑さん(松来さん &まりあ(ますみん に乳揉みのセクハラをされる瑞穂(堀江さん。中の人達でも普通にやりそうで怖いです。
で、全校生徒のトップであるエルダーとやらに瑞穂が事実上候補になりまして、

ってか、エトワールと何が違うの!

この手のお嬢様学校には当たり前のようなシステムなのか、これ。ごきげんようとブルマは必需、みたいな感じで。
で、紫苑さんがなればいいじゃない、という瑞穂に、去年エルダーだったけど病気で留年して全くの役立たずだったので無理です、とのこと。なんだ、ライバルにならないのかー。
そして、生徒会長(たかはしさん vsまりあ(ますみん 勃発。これまた中の人達の関係がそのままというか。キャスティングされた時に色々モメてたけど、素敵配役だった模様。
つか、生徒会長の付人おさげデコメガネが木村さんwwwww

| ̄|_| ̄|←こんなメガネかけてたら萌えんわwwwww

しかし、このアニメはアホ毛キャラが多いですね。由佳里ちゃんのことをトービーラーと呼んでいいでしょうか。「女子高生」の香田みたいな髪型だし。

●「ときめきメモリアル Only Love」第03話。
下校時、校門で待ち伏せしていた電波ガール。一方的に喋りまくったと思ったら、突然手を取って全力疾走。今更な自己紹介タイムが終わると、部活だから学校に戻ると言ってとんずら。すげぇ、このアニメ。
勝手に彼女になった電波ガールは授業中にメールを送り続け、主人公が周りから不幸の手紙を沢山貰っていても、ラブレターだと思い込み、鼻が高いと意味不明なことを言い続ける基地外っぷりを発揮。メール攻撃はスパムにしか見えません。
主人公が困り果てている姿を見て含み笑いをするヒロインもどうかと思います。
トドメには嫌がらせのような如何わしいものばかりが入っている弁当地獄。それに比べ、ヒロインは黄金のチョコバナナを作ったことがあるそうです。何か卑猥です。
そんな主人公が可哀想に思えた唯一の同級生が電波に苦言を。そして、ようやくきちんとした料理を勉強することになりました。遅い。
そしてそして、やっと浅野さんが出てきました。ちょっと低めの声の保健の先生。しかし、明らかに雑魚キャラ。モブまでやってました。
で、無事弁当が食べられるものになり、電波と別れた後、雨宿り中に図書館の内気少女と遭遇。この内気少女も雨好きということを散々語ってまして、主人公にハンケチを渡してとんずら。どうやら、フラグが立ったようですが。

というか、このアニメ、マトモなキャラおらんのか。

アニメ。 | 【2006-10-18(Wed) 04:46:43】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
コメント

唯一ときめも見てますが、とても素敵なアニメですね!
製作者出てこいや。
2006-10-18 水 11:20:02 | URL | はせ #fJKnScDM [ 編集]

よりによって、唯一見ているアニメが何故それなんでしょうか……。

「パンプキン・シザーズ」とか途中から見ても大丈夫だと思いますよ。
2006-10-19 木 01:46:42 | URL | 有明 #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。