プロフィール

有明。

Author:有明。
見たアニメの感想などを適当に書き散らす雑記。

●参加サイト。
trillionbird

●推しCD。
Shiny+
寿美菜子
B003TIB068

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
雹降ってた。
●「地獄少女 二籠」第10話。 
映画監督志望の男の話。
あいたんが「骨女にも骨休めが必要よ」というダジャレを言って真っ赤に照れる、というか黙って逆切れするという変わったシチュエーションから話が始まってましたけど。
千葉繁さんの声を久しぶりに聞いたなー。今回はダメ男を演じる千葉さんに惚れる女達として、渡辺明乃さん、甲斐田裕子さん、望月久代さんが登場。
ダメ男に愛想をつかして女達の誰かが復讐するかのように見せて、車を当て逃げされた男の復讐だったというオチの話だったわけで、うーん……。
今回の復讐シーンは映画ちっくというか、昭和初期のフィルム映画っぽいというか、最後のあいたんの決り文句もモノクロ字幕という初の声なしになってました。そこだけ良かった。
あと、街中の大画面テレビにSNoWたんの実写PV(前回のOP が映っていたのにはビックリ。芸が細かいなー。っていうか、どうせなら今回のPV流せばいいのに。変なウサギ出てくるけど。
http://playlog.jp/SNoWblog/blog/
↑能登さんのサインって読めないんすね。

そういえば、今回は骨女がメインの話でもあったのだけど、女達とせっかく仲良くなったのにダメ男を地獄に流した後は彼女達の記憶から骨女の存在は綺麗さっぱり消えているというのがちょっと切なかったですよよよ。

●「乙女はお姉さまに恋してる」第11話。
まりやが風邪を引いて、その看護イベント発生。わざわざ全裸にしてタオルで身体を拭いてあげる瑞穂。この人、本当に男なのか。平然と乳も触ってましたよ。
で、結局まりやは幼馴染として今までと同じ距離感を保つことで自己完結しちゃったっぽいのだけど。
えええええー。超つまんねー。残りのヒロイン候補は貴子だけかよー。何度も言うけど、瑞穂が誰かと引っ付きそうな予感が未だにしないんだぜ。
最後に不審者に襲われた貴子を庇って胸元をナイフで切られ、男だとバレたところで次回へ。パッドがあったから無傷だったんだね!

●「奏光のストレイン」第08話。
エミリィ人形、星のゴミ処理場へ→ラヴィニアからロッティ達へ泣きの救助連絡→買い物を楽しんでいた全員召集される→今いる星はカリスの故郷だったらしい→お偉いさんになっていた弟の手を借りるカリス→エミリィ人形捜索は弟に任せることに→助けを求めないセーラに激怒するジェッシィ→カリスとセーラは食事休憩という名のデートに→動くエミリィと遭遇→一方その頃メルチは軍の施設から離れ、単独でセーラのことを調べ始める→迷子としてエミリィと一緒に行動するセーラ達→カリス、エミリィ人形の服を用意してセーラを口説く→いい雰囲気になったところで邪魔が入る→エミリィ人形から何らかの波動を感じたエミリィがセーラをつれて自由行動に→カリス放置→そこで緊急帰還命令→戦力を減らすわけにはいかないのでロッティ一人でセーラを探すことに→が、ラヴィニアが勝手にロッティの後を追う→エミリィがセーラをつれてきたのはゴミの山→見事エミリィ人形ゲット→エミリィ何故か人形とシンクロ→私はエミリィ→セーラの本当の名前も知っています→メルチも知ってしまいました→偵察隊はロッティがいないのでジェッシィが指示を出すことに→セーラのことが心配なカリスはジェッシィを無視して勝手に行動→人形と一心同体的なことをペラペラ話すエミリィはセーラ大好き、兄も大好き→そこで兄登場→セーラは第一話で兄が研究所から盗み出していた少女=エミリィを思い出します→兄はセーラのことを覚えていました→やりたいことがあるとか邪魔するなとか自分の言いたいことだけを言って兄はエミリィと共に去ります→待ってよ兄さーん→ロッティがその言葉を聞いてしまいます→兄がストレインに乗って戻ろうとしたところでカリス巻き添え串刺し→ディコンとぶつかり爆発→ディコンは気絶、カリス多分死亡→ジェッシィ呆然→ラヴィニアがエミリィ人形を確保→ロッティ般若に変身

第一話でもそうでしたけど、セーラに片思いすると必ず死亡フラグが立ちます。すげぇ。
このアニメ超面白い。個人的に今期のNO.1かも。2クールやってくんないかなー。

●「コードギアス 反逆のルルーシュ」第10話。
オレンジ見事な散りっぷりw 「ほげ」とか言いながら去って行ったよw
ロボは爆破してもコックピットは脱出していたので生きているんでしょうけど、脳障害とか酷いことになってそうだ。
で、今回の戦闘ではまだスザクが地味なのだけど、次回あたりまた邪魔してくるんだろうなぁ。
しかし、このアニメ本当に26話で終わるんかいな。

●「あさっての方向。」第11話。
テツ風邪回復。そして、ついにからだが告白。聞いた話を琴美に相談するテツ。それを立ち聞きする元先生。
まぁ、簡単に誰も信じてくれないわけですが。
からだから泣きの電話を貰った椒子は話の節々からヒントを得て居場所をゲット。そして、ようやくからだを探す決心をした兄と一緒に迎えに行くことに。
そういえば、一巻をパラ見したら設定が全然違っててビックリしました。兄なんてアニメより明るいし。

●「護くんに女神の祝福を!」第11話。
兄から絢子と護を引き離せという指令を受けたエメレンツィア。
何としても期末テストでいい点を取りたいという護を手伝うという体で間違ったやり方のラブラブアタック開始。
真田さんが「にょ」とか言ってましたけど、何でもアリか、このアニメは。
次回予告でやっと千葉さん登場。アイスクリームというネタを出してきたのはGJ。

●「Kanon」第11話。
ピロが戻ってきました。って、あれ? 前回、一度いなくなって丘に放置された真琴の傍に舞い戻ってたのに……。ピロも放置したんですか。
で、話は舞ルートへ。あゆも一緒に住むことになりました。あゆと並ぶと名雪がお姉さんに見えるマジック。というか、あゆが小さ過ぎるのかな。

●「RED GARDEN」第11話。
のっけから姉と恋人ののろけ話を聞かされているケイト。学校を欠席していたことがグレース内で問題に。焦るグレースのトップ、ポーラ。
ボーイフレンドと気まずい雰囲気になっているクレア。レイチェルも恋人と似たような状態に。先生とのことを一方的に疑われ、大喧嘩。どうやらチームレイチェルの中に恋人を狙っている女がいる模様。
グレイスの懲罰委員会とやらも欠席するケイト。グレイスを辞める決心をしているケイトに対して、グレイスを辞めると大学の推薦やら進路が全て台無しになるから、という理由だけでは絶対ないと思いますが、ポーラが庇って委員会の意味がない結果に。こうして反感を抱かれていくわけですね、ケイト。
クレアはまだバイト探し中。結局、見つからず、元のバイト先に出戻り。見事なツンデレっぷりを発揮する店長とクレア。最後には和解。店長いい人だよ店長。
で、自分に冷たいエルヴェに戸惑うリーズ。そんなエルヴェはケイトの姉の恋人と友達だったようで、ケイトのことを話します。自分達の敵でアニオスだ、と。アニオスって何。そんな風に呼ばれてんのか。
一方その頃、ローズ。父親探しに着手。でも、全く進んでません。
元の二人の関係に戻ろうと必死な彼氏に何も言えないレイチェル。というか、この男うぜぇな。チームレイチェルの女とひっついちゃえよ。
そして、夜は三人で男をボコボコに。ローズはやっぱり置物状態。
後日、ケイトの親と姉の恋人が仲良く外食しているところにエルヴェが割り込んできて今回は終了。折角、愛を選んだのにー。可哀想な恋人ー。絶対、覚醒しちゃうんだろうなー。

アニメ。 | 【2006-12-17(Sun) 20:45:54】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。