プロフィール

有明。

Author:有明。
見たアニメの感想などを適当に書き散らす雑記。

●参加サイト。
trillionbird

●推しCD。
Shiny+
寿美菜子
B003TIB068

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
たまには読書を。
http://www.heiwanet.co.jp/latest/sengoku_otome_xxxx3/

すげーすげーすげー。
何という豪華な声優パチンコ。というか、何というアニヲタ狙い撃ちパチンコ。
主題歌が田村ゆかりさんってとこもすげー。中々耳に残るメロディですなぁ。
しかし、千葉さんのキャラ、家康なのに一番弱そうだ……。
HEIWAのパチンコって相性が悪いから、やっても勝てる気が全くしないんだけど。この前も「バッドマン」で酷い目に遭ったし。

そういえば、「ギャラクシー・エンジェル」のパチンコが「エヴァ」と同じ作りをしてて笑ったのだけど。
こっちはもう導入開始してるんだったかなぁ。アニメ見てないし、近所に入りそうにもないから、やる機会がないだろうけど。

久しぶりに読書をしたので感想を↓


4061825062スロウハイツの神様(上) (講談社ノベルス)
辻村 深月
講談社 2007-01-12

by G-Tools

上下巻です。個人的に米澤穂信さんと同じくらい好きな作家さん。ベクトルは違うけど。
この人の作品はどれも外れなし、という感じだったのですが、今回も期待を裏切らない出来。
とはいえ、今までみたいに大きなミステリー的ネタがあるわけでもないし、上巻はアパートの住人の紹介みたいなものがメインだったりするので、正直ついに外れ引いちゃったかなーと心配していたのだけど、下巻の後半から今まではっていた伏線を一気に消化していくあたりが、天晴れというか何と言うか、コウちゃん可愛いよコウちゃん。
まぁ、一部は判りやすい伏線があったりするのですけど。読後感は毎度のことながら爽やかでした。
ただ、やっぱり三人称とはいえ、この人の文体、構成は少し読む人を選ぶかなぁ、とw

4048738119遠まわりする雛
米澤 穂信
角川書店 2007-10

by G-Tools

古典部の短編集。
短編って長編を書くより難しいと個人的に思うのだけど、この人は本当にどっちもイケるなぁ、と改めて感心しました。「心あたりのある者は」は特に良いなぁ。
でも、いきなりこの本から手を出したらどうなんだろう。作者さんは大丈夫って書いてたけど、個人的には順番に読むべきだと思うのだけど。
あと、今回の一冊で古典部内の人間関係がガラっと変わったなぁ、と。最後の話なんて、まさかそんな方向に行くとはー、と驚きました。
そういえば、「小市民」シリーズもどういう展開になっていくのかなぁ。

4062705834ぐるぐる猿と歌う鳥 (ミステリーランド)
加納 朋子
講談社 2007-07-26

by G-Tools

この人が児童書を書いたのは初めてかな。「ささらさや」の絵本とかあったけど。
カバーがついてるところに驚き、いい値段をすることにも驚き。
平成生まれには判らない世界だろうなぁ、と思いつつ、自分も団地住まいをしたことがないので、へーこういうものなのかーと読みながら思ったりして。
子供の頃を懐かしく思い出させてくれただけで、作者の勝利って感じでした。
本。 | 【2008-03-07(Fri) 00:49:20】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。