プロフィール

有明。

Author:有明。
見たアニメの感想などを適当に書き散らす雑記。

●参加サイト。
trillionbird

●推しCD。
Shiny+
寿美菜子
B003TIB068

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
怖い話しねぇか?
●終わったり、まだ終わってなかったりするアニメの感想。

「ギアス」:一期の時よりも真面目に見ようと思わなくなったのは、人が多過ぎて感情移入しにくくなったからかも。キャラの心情を掘り下げることも出来ないでしょうし。ロロ雑巾とか何しに出てきたのやら。 
とりあえず、千葉だけは殺さないで!

「ドルアーガ」:やっぱり二期があったー! やたー! ウトゥ可愛いよウトゥ! っていうか、最後、ジルがウトゥだけ呼んでないよ! あと、ファティナのジルへのフラグはやっぱり立ったのか! でも、結局は当て馬っぽいよね! あー、来年って遠すぎるわー!!><
一期のうちにジルは三回も裏切られることがなかったですけど、残りの一回はやっぱり王様? 最後の最後に斎藤千和さんが出てきましたな。新キャラ増やしすぎませんようにー。

「かのこん」:最後までエロかった。しかし、ないようがないよう。

「紅」:リンよえー。というか、最終回は色々と酷かった……。ツノを出した時の真九郎とか。
やっぱり、ミュージカルの回が本当の最終回だったなぁ。
うーん、今度はこのスタッフで「夜桜四重奏」をやるんだよなぁ。ちょっと、不安。自分は全然違う話でも面白ければOKな方なんですけど……。

「HOLIC」:これ、1クールなのかな。とりあえず、ひまわりちゃんの話まではやったから、終わってもおかしくはないかな。

「イタKISS」:相変わらず、ものすごいペースで話が進んでいるけれど面白い。

「メイドガイ」:二期やってくれないかなー。



4408535176いのちのパレード
恩田 陸
実業之日本社 2007-12-14

by G-Tools
今まで出版されている作品の殆どは読んでいるつもりのこの作家さん。最近どうにも自分の好みと合わないというか何というか……。アマゾンでの評価の高さにビックリしたくらいなんですけど。
変わったというか、面白い設定の話を作る方なので、手に取る回数が多いのですが、ものによって長編は風呂敷が畳みきれていない感じのものが多い気がするし、短編は頭使わないと理解出来ないイメージがあったりなかったりあったりして。ただ、自分がバカなだけなのかもしれませんが!
で、今回は短編集ということで、色々なジャンルの話が収録されているのですが、これは結構好きかもと言うものと、全く興味が持てないものとの差が激しいというか、オマージュにしている作品を全く知らないから楽しめないのか、自分の感性が悪いのか、よく判らない読後感に……。むむむ……。

4488017312ハルさん (ミステリ・フロンティア 31)
藤野 恵美
東京創元社 2007-02-28

by G-Tools
連作短編という形の一本の話。
人形師のハルさんの視点で描く一人娘のふうちゃんとの成長物語。というより、家族の絆的なものをちょっとした日常のミステリーに絡めて表現しているのが、ものすごく読みやすかったです。
妻の扱いはハルさんが幻影を見ているのか、実はただの脳内嫁なのかが曖昧でしたけど、ここはあえて明らかにしてないところがいいなぁ、と。都合がいいキャラにも見えるんでしょうけど。
妻を亡くした気の弱い男親が、少女から女性に成長していく娘の変化にどう接したらいいのかと日々悩んでいる、というより、冷たくされるたびに狼狽している様が何ともリアルというか。娘の思春期というものを自然に描いているなぁ、と。
人の死を扱って安易に泣かせることより、絆をテーマに扱って泣かせるということの方が中々難しい気がするのだけど、この作品は文句なしに泣かされました。悪人が誰もいないしね!
現実世界でもこういう家族が増えるといいのになぁ、と嫌な事件を見る度に思ってしまうわけです。本当に。
本。 | 【2008-06-22(Sun) 02:08:59】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。