プロフィール

有明。

Author:有明。
見たアニメの感想などを適当に書き散らす雑記。

●参加サイト。
trillionbird

●推しCD。
Shiny+
寿美菜子
B003TIB068

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
念願のブルーベリーエキスを手に入れたぞ。
第二回、ゲームプレイ日記。

ネタバレ含むかもしれないので隠しつつ。
今回やったのは先月出た「ガリレオ」と「采配のゆくえ」です。
どちらも、アドベンチャー。っていうか、基本的にアドベンチャー大好きなもので。

ただ、立て続けにゲームをやりまくっていた所為か、ものすごい勢いで眼精疲労が出ました。
あぁぁぁぁぁ、また視力が下がるぅぅぅぅぅ……。
来年、免許の書き換えなのに、裸眼じゃ通用しなくなりそうな気がします。とほほ。


B001FB6P66ガリレオ
D3PUBLISHER 2008-10-23

by G-Tools

「鑑識官」とかを作っているシンプルシリーズの会社が作ってるっぽいのですが。
基本操作みたいなものはあまり変わらず。むしろ、メニューデザインとかがダサイ感じ。
私の場合、原作をかなーり前に読んで、テレビドラマの方は一度も見ていないので、内海って誰よ、みたいな状態だったのですが。あと、先生こんなに格好いいイメージなかったよ。
それにしても、まぁ動かない動かない。キャラが「鑑識官」並に動かない。「鑑識官」は値段が安いからというので納得はいくのだけど、こちらは普通の価格設定だというのに。
あと、動画が汚い。なんで、あんなに画像が荒いんだろう。

致命的なのはテンポが悪いこと。

動作ももっさり。場面転換でもちょっと待たされるし、いちいち先生の決めポーズムービーとかいりませんわ。唯一あるボイスも先生の決め台詞だけだし。やっててちょっとイライラしました。
ボリュームが少ないのも不満。全体的に難易度もわりと低めだし、各話数の〆方も中途半端に感じられて、「鑑識官」の方がトータルでは勝ってました。
新作で買おうとしてる人は注意した方がいいです。

B001DLUR08采配のゆくえ
コーエー 2008-10-23

by G-Tools

戦国ものの「逆転裁判」みたいなゲームでしたw
画面デザインといいボタン操作といい、ここまであからさまなパクリ状態だと逆に清々しいというかw
「説得」が「サイコロック」、「合戦」が「法廷パート」みたいな感じ。
とはいえ、「合戦」はシミュレーションなのですが、そういうのが苦手な自分にも優しい問題でした。というか、全体的に難易度は低いです。
一応選択肢を五回間違えるとダメっていう仕組みにはなっているのだけど、殆どの人がそこまで間違えることなくゲームクリア出来るんじゃないかなぁと。
でも、絵は綺麗だし、全体的な画面配色やデザインも綺麗だし、上下の画面の使い方も綺麗だったし、ストーリーも有名な「関が原の戦い」を扱っているので、歴史に詳しくない自分でも事の顛末が判っている状態なのに、先がどうなるのかワクワクしながらプレイ出来ました。
石田三成になって家康を倒すぞーというストーリーで、わりと歴史に忠実って感じの展開をしていたのですが、自分にとっての三成はパチンコの「花の慶次」で「後三日もてばー」と不細工な焦り顔をしている雑魚扱いのキャラというイメージしかないわけで、こんなに格好いいキャラ顔になるとは。まぁ、バカ殿だったけど。
他のキャラもいい味出してました。島左近と大谷吉継はいいキャラだった。敵のキャラも天晴れ。オリジナルなのかな、くノ一のはつも、えがった。

というわけで、中々完成度は高いような気がしたのだけど、唯一残念なのが、ラスト。

三成が選んだ最後の選択っていうのが、今まで頑張って来た人にとってはどうなんだろう、って感じです。そう思ったのは自分だけかしらん。
まぁ、天下を取っちゃったら、歴史が変わっちゃうからしょうがないのかもしれませんが。
あと、人によってはもうちょっとボリュームがあった方が良かったのに、と思うかもしれません。自分には丁度良かったですけど。
「ガリレオ」をやった後にプレイしたので、システム周りがサクサク動いてくれてやりやすかったです。
ゲーム。 | 【2008-11-05(Wed) 17:45:15】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。