プロフィール

有明。

Author:有明。
見たアニメの感想などを適当に書き散らす雑記。

●参加サイト。
trillionbird

●推しCD。
Shiny+
寿美菜子
B003TIB068

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
ぼんやり。
ひたすら読書。


4048739298ふちなしのかがみ
角川書店(角川グループパブリッシング) 2009-07-01

by G-Tools

子供の頃の噂や遊びなどを扱う短編集。
「踊り場の花子」はその名の通り、花子さんを扱うホラー。わりと判りやすい話。
「ブランコをこぐ足」ブランコの事故で死んだキューピッドさんをやっていた少女と関わる人達の話。子供ながらに他人をどう思ってるかという嫌なところを判りやすく書いてたかな。
「おとうさん、したいがあるよ」は祖母の家で大量の死体が出てくるホラー。これがまた判りにくかった。で、本当のところどうなったの? みたいな。
「ふちなしのかがみ」は鏡を扱うホラー。いつもの叙述トリック的なものがあって最後に納得というかw
「八月の天変地異」は少年達が体験するファンタジーちっくな話。初期の作品に近い漫画的な話だったかな。ちょっと主人公達にとってご都合主義のような気もしない。

4062148056カラスの親指 by rule of CROW’s thumb
講談社 2008-07-23

by G-Tools

今回読んだ本の中で一番面白かった。
まぁ、出来すぎというか、現実離れしすぎとか思うところはあるのだけど。
それでも、細かい伏線とその回収、タイトルに込められた意味や比喩なんかが好みで満足。
キャラもよかった。詐欺師二人とスリ少女、ニートなカップル。どれもキャラがたってて。
しかし、金があればなんでも出来るんだなぁ。そして、金がないとどこまでも追い詰められるんだなぁ。

4334925936ラットマン
光文社 2008-01-22

by G-Tools

30代の趣味でやっているバンドマンが主人公の話。
小学生時代の姉の事件がとても深く関係して事件がおきていくのだけど、見事なミスリードをしつつ。
目の錯覚的なこのタイトルの意味も最後まで関係しているのだけど、なんという勘違い! みたいなオチにしか見えなかったw
というか、誰もが勘違いしているところが滑稽というか。

4048739115鬼の跫音
角川グループパブリッシング 2009-01-31

by G-Tools

ホラー的な短編集なのだけど、Sという人物や鴉などが毎回出てくるので連作短編にも見えるけど、全然関係ないという。なんじゃそりゃ。
個人的にはどの話もひっかかりがなかったので、さらっと読んでしまいました。

4334926819ねずみ石
光文社 2009-09-18

by G-Tools

祭りの恒例行事、手に入れたら願いが叶うねずみ石を探すという子供だけの遊びの最中に事件があって、関係あるのかないのか、その時の記憶を失ってしまった少年の周りでまた事件が起きるという話。
過去の母娘殺人と現在起きた青年の事件の関わりを主人公と友達が調べる流れになるのだけど、幼馴染のにーさんが案外簡単に逃亡してるのはそんなにバレないものかなとか思ってしまった。まぁ、別にどうでもいいことなんだけどw
主人公達は中学生のわりに大人すぎる気もした。特に友人。人間が出来すぎてる気がするw
本。 | 【2010-01-28(Thu) 17:42:09】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。