プロフィール

有明。

Author:有明。
見たアニメの感想などを適当に書き散らす雑記。

●参加サイト。
trillionbird

●推しCD。
Shiny+
寿美菜子
B003TIB068

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
さむす。
寒くなりました。
今月末から地獄のようなスケジュールなので今のうちに本を読んでおこうと思ったものの、読みっぱなしで感想は放置。
やっぱり、本は読んで直ぐ感想を書かないと記憶に残らない。
というか、自分の読み方が適当すぎるのか、最近流して読む癖がついたもので、さっぱり頭に残らない。
一ヶ月で読んだ内容を忘れてるのは我ながらどうかと思う……。



4104596027フィッシュストーリー
伊坂 幸太郎
新潮社 2007-01-30

by G-Tools

短編集、ということで、読んだのに覚えてません。うはー。

4840233616図書館戦争
有川 浩
メディアワークス 2006-02

by G-Tools

シリーズもので四冊あるということで、ひーひー言いながら読みました。というのは冗談で楽しく読めました。
図書館が警察並に力を持っているという設定のややこしい説明とか把握するのは大変でしたけど。
主人公カップルよりも、友達カップル? とかの恋の行方の方が読んでて気になりました。最初から両思いっぽいのが判ってたからかも。
話の中で出てくるメディア良化法は現実のアレとリンクしてて読んでてもにょもにょしました。
そういえば、アニメ化や漫画化もしてたけど、人気あったのかなぁ。

4103018712レインツリーの国
有川 浩
新潮社 2006-09-28

by G-Tools

「図書館戦争」に出てくる本を本当に作ったという。
耳の聞こえない女性とネットで知り合った男性の恋愛話だったのだけど、「図書館戦争」を読んでこれを読むとなるほどーと。
普通の恋愛小説としてもよかったです。男性がちょっと人として出来すぎてるかなーとは思ったけど。

塩の街 (角川文庫)
塩の街 (角川文庫)有川 浩

角川書店(角川グループパブリッシング) 2010-01-23
売り上げランキング : 3085


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

作者のデビュー曲。
人類塩化状態になった世界で生きていく自衛官と少女の話。
最初に出てきた青年が主人公なのかと思ったら連作短編だったのか。
電撃版を読んだのは失敗だったかなーと思いつつ。絵が好みじゃなかったのと、番外編が載ってないので。

海の底
海の底有川 浩

メディアワークス 2005-06
売り上げランキング : 78614


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

自衛隊三部作の一部ということで今回は潜水艦。
巨大なえびが襲い掛かってきて、潜水艦の中に逃げ込んだ少年少女の話。
外では大きな大人がえび相手に頑張っているのだけど、やっぱりメインは少年少女の話だったなぁと。というか、そちらの方が面白かった。
自衛官の人と少女の関係は「図書館戦争」と似てるなぁ、と思いつつ。
母に影響されてお山の大将状態だった少年の価値観が変わるところが良かった。

光待つ場所へ
光待つ場所へ辻村 深月

講談社 2010-06-24
売り上げランキング : 25501


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

過去の作品の番外編的な短編が三本。
確実に記憶に残っていたのが三本目の主人公達だけだったので、これは楽しく読めました。が、最初の二本の本編の記憶が曖昧だったので、はてさてなにそれ状態に。
というわけで、この本から読むと楽しみが半減。過去の作品をずっと追いかけている人にはニヤリ、という感じだと思います。 
私のように記憶を失っている人はその中間でした。
でも、「ぼくのメジャースプーン」の番外は青春小説として良かった。やっぱり、キャラを覚えていたからかな。
本。 | 【2010-11-11(Thu) 12:55:29】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。