プロフィール

有明。

Author:有明。
見たアニメの感想などを適当に書き散らす雑記。

●参加サイト。
trillionbird

●推しCD。
Shiny+
寿美菜子
B003TIB068

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
やぶ蚊はまだいる。
●「シムーン」第25話。
泉に行って性別確定をしてきたコールテンペストの面々。
ヴューラ、フロエは男。ロードレ、モリナス、カイム、アルティは女。そして、なんとパラ様も女!
ネヴィリル様のことを吹っ切ったということですかね。モリナスもワポーリフをスルーしたように見せかけておいて、CP成立しそうな感じでしたけど。
で、泉に行かなかったアーエルとネヴィリル様は一時的にそれぞれ個室に閉じ込められますが、ほんの一時のことなのに、愛の告白をしたり、それぞれの壁にちゅーしたり、と何この人達状態。数日間会えていないのならまだしも。
あと、グラギエフとアヌビトゥフもちゅーしてて、ビックリしました。この人達男じゃないの? BLなの?
結局、グラギエフ達のおかげで、アーエルとネヴィリル様はシムーンに乗ってとんずらしてしまいましたが、リモネ達に会えるのだろうか。また違う別世界に行っちゃうのかな。
そういえば、「私と踊らないか?」というパラ様の台詞を聞いて、ラジオでフェロモンさん(音響監督の辻谷さん が物真似していたのを思い出してしまい、噴きそうになりました。

●「おとぎ銃士 赤ずきん」第12話。
なんか新しい敵っぽい狼男が出てきましたよずっきゅーん。
そういえば、今ロッテリアのキッズセットに赤ずきんグッズがついてるらしいですよじゅーすぃー。

●「つよきす Cool×Sweet」第12話。
最終回でしたけど、全部演劇でしたオチ。
最後の素奈緒とレオのラブエピソードだけが演劇オチというようにも見えますけど、最初から全部嘘芝居だったと見た方が自然っぽいです。何それ。
とりあえず、素奈緒ハーレム達成おめでとう。何それ。

●「コヨーテ ラグタイムショー」第11話。
結局、宝物とやらはお金とフランカの家族映像でした。やっぱり。
ラジオでエイプリルがほにゃららと気になることを言ってましたけど、本当に最後に何かやらかすのだろうか。
そういえば、ラジオは下屋則子さんのレディオショーになってます、今回も。

●「ウィッチブレイド」第22-23話。
奈月ビルの面々も雅音の正体を知ったり、雅音がついに味覚すらなくなってしまったりと可哀想な展開になってますけど。
結局、ナソエフ側が最後の敵ではなくて、エクスコンの大群が敵という終わりになるんだろうか。それはちょっと、えー、という感じですけど。

●「桜蘭高校ホスト部」第24話。
鏡夜と殿の出会い。

●「ゼロの使い魔」第12話。
少しずつサイトを意識するようになったルイズ。しかし、パンツのゴムが切れていたことで大喧嘩に。って、三話くらい前の惚れ薬の時に切れたゴムが今頃になって! 伏線すげぇ! 
でも、その代わりにシエスタの扱いが地味になってしまいました。あんなにハレンチな子なのに。
で、シエスタの実家に行くことになり、サイトが元の世界に戻れるかも、という状態になってショックを受けるルイズ。でも、戦争が起きそうな状態でもありましたとさ。
というか、元の世界に戻る方法は原作だとまだ提示されていなかったような気がしますけど、凄い話の展開のさせ方だなぁ。続編を作る為にはサイトが帰れないEDになるのだろうけど。

●「ストロベリー・パニック」第25話。
いちいち突っ込むのも面倒になってきたこのアニメ。
とりあえず、今回も一応隠します。


今回は光莉がお祈りしているシーンから始まりました。天音が思い出してくれるのをずっと待っています、と執念深い祈りを捧げています。
そして、ミアトルは未だにダンスの練習中。「ワンツースリー」とカウントをひたすら取り続ける元エトワール様。まるでロボットのようです。あまりにも上達しない渚砂のダンスを見て嘆く生徒会の面々。それでも深雪は「静馬なら何とかしてくれる」とどこかで聞いたことがあるような言葉を吐きます。
何はともあれ元エトワール様が元気そうだと喜ぶ生徒会の面々。しかし、深雪だけが無理をしていると見抜きます。つか、判りますわな。でも、元エトワール様にそのことを突っ込んだら心配性という一言で片付けられてしまいました。 

一方その頃、光利がプレゼントした黄色いハンカチーフを手に、悩む記憶喪失者。光莉が声をかけても相手にしてくれません。
時間を置いて、光莉が天音に会いに行きますが姿が見えません。フラフラし過ぎです。

その夜、渚砂は電気もつけず、一人部屋で膝を抱えて悩んでおりました。元エトワール様はもう私のことを吹っ切ってしまったのね、と愚痴り続けていると、そこで玉緒登場。渚砂の大きな独り言を聞いてしまったような表情をしていました。さすがに気まずくなったのか、それを誤魔化すかのように渚砂は喋りながらクルクル回ります。物凄いアホ面。

一方その頃、スピカの方では、光莉と天音が行方不明。夜々と凸会長が大騒ぎ。その騒ぎを気にする悪人面ではなくなった狐。
夜々と凸会長が探している間、光莉は天音を探す為に森を彷徨ってました。そこで天音の黄色いハンカチーフを発見。暗闇なのにそこだけスポットライトが当たっています。何この効果。
そこへ馬に乗って天音登場。風に飛ばされていったハンカチーフを探していたらしいです。誰に貰ったか判らないけれど大切なもの、と。それを聞いただけで頬を染める光莉。
そんなお馬鹿さん達をいちご舎の前で突風に耐えながら待ち続ける夜々と凸会長。可哀想な二人を見かねて狐が毛布の差し入れ。
凸会長は自分の気持ちを天音に押し付けすぎていたことを後悔し、記憶喪失になった彼女に何もしてあげられない、と涙します。この人はマトモだ。

三人が外で寒さに耐えながら待っているというのに、天音は朝早く起きて馬の世話をしなければならないからという理由から勝手にどこかの小屋に外泊。
(・∀・)カエレ!! と言われても帰りません、と急に駄々をこねる光莉。そして、二人は一つの毛布を分け合って語り始めます。記憶がなくてもハンカチーフを大事にしてくれてることが嬉しいと言って光莉は涙を流しながら瞼を閉じます。それを見て、涙をぬぐってあげながら「泣かないで」と天音は言ってましたけど、光莉は何か残念そうな顔をしています。瞼を閉じたのは、誘い受けだったのでは!
そして、光莉は唐突に歌いだします。松来さん歌いまくりです。天使の歌声らしいです。わはー。
この歌に乗せて雪が降りつつ、色々な人のカットが映りましたけど、何故か元エトワール様だけが部屋で裸体。傍にいる深雪は服を着ているのに、一人だけ裸体。雪が降っているのに裸体。
そしてそして、歌を聴き続けていた天音は突然覚醒。

記憶戻っちゃったヨーーーーーッ。

意外と簡単に記憶が戻ってしまいました。というか、たった一話で記憶が戻るミラクル。というか、本当にここで記憶喪失のエピソードを挟んだ意味が判らない。一体、何がしたかったの。
とりあえず、記憶が戻ったので感極まった光莉は泣きながら天音に抱きつきます。意外と手が早い天音はここでちゅー。そして、ブラックアウトしたと思ったら夜が明けて朝日を浴びている裸体の二人が! 夜が明けても毛布の上で裸体! そして、またちゅー! 学園内で何をしているのか!
そして、二人は最初に出会った場所に行きます。って、馬に二人で乗ってるのは別にいいのですが、光莉横乗り! 事故って間もないのに横乗り! 鞍の部分にも座ってません!

で、気付けば、一面雪だらけ。一晩で物凄い積雪。朝まで外で待ち続けた不憫な夜々達の元へ馬が駆けてきます。光莉まだ横乗り!! 超怖ッ!!
記憶が戻ったことを報告すると、大興奮の夜々は光莉をその場で押し倒します。今度は光莉が地面に頭を打って記憶喪失になりそうな勢いで。
「よかったよかった」と言いながら大号泣している夜々を光莉はそのまま抱きしめますが、君達はいちご舎の前で何をしているのか。
すっかり忘れていましたけど、狸と仲違いしていた狐は顔を出した狸に天音のことは吹っ切ったからやり直してくれるな、と勝手な言い分を。結局、よりを戻してしまいましたけど。エトワールとか実は興味なかったんですね、この人ら。

スピカ組がエトワール選に出馬を表明したことが広まり、安心する渚砂達。しかし、まだダンスの練習をしていました。しつこい。
で、元エトワール様は直接自分がダンスの相手をすることにしました。最初で最後ということで、何やら渚砂は完璧に踊ったらしいのですが、視聴者側には玉緒ペアとの違いが全く判りません。
踊り終わった二人に生徒会の面々と玉緒は拍手してましたけど、玉緒は拍手してていいのかね。
そして、ミアトル側も出馬表明。全校生徒の前で宣言をしていたのですが、また変なSEが。シャキーン。
これで私達の役目も終わりね、なんて話をしている元エトワール様はまた裸体でした。何なの、この裸族は。

次回、感動の最終回。
アニメ。 | 【2006-09-20(Wed) 02:47:41】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。